東急SレイエスFC サッカーで多世代交流 共生社会実現に向け〈横浜市青葉区〉

東急SレイエスFC サッカーで多世代交流 共生社会実現に向け〈横浜市青葉区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/01/15

総合型フットボールクラブ「東急SレイエスFC」は12月26日、アディダスフットサルパークあざみ野で「多世代交流型ウォーキングフットボール」を開催した=写真。

このイベントは「やさしい街あざみ野実行委員会」が推進する「認知症の人にやさしい街プロジェクト」の一環。同委員会と桐蔭学園が共催。

当日は共生社会の実現を目的に、認知症の当事者や家族、障害者、健常者、関係者ら約80人が参加。ウォーキングフットボールは「走らない」「接触禁止」「相手が保持するボールを取らない」「強いキック禁止」など誰でも楽しめるルールが特徴で、ゴールを決めた後はグータッチで喜ぶ場面も。4チームの総当たり戦だったが、終始和やかなムードだった。

レイエスの土本和孝代表は「子どもから高齢者まで、障害の有無に関わらず、同じ空間でボールを蹴っている光景は素晴らしい」と話し、「たとえ子どもがルールを破って走ってしまってもみんなが許容して、ゴールを決めればみんなで喜ぶ。当たり前の共生社会を体験することができた」と振り返っていた。また、同委員会の根岸里香実行委員長は「相手を労わる気持ちがプレーに出ていた。この気持ちで日常生活を過ごしていければ」と話していた。

No image
No image

タウンニュース青葉区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加