壊れて火を吹くエンジンを飛行機内から眺めた、死を覚悟する光景

壊れて火を吹くエンジンを飛行機内から眺めた、死を覚悟する光景

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2021/02/23
No image

2月20日にデンバー国際空港を離陸したユナイテッド航空328便、ボーイング777-200型機が、離陸直後にエンジンの一部を破損。

外装が剥げ落ちて炎を吹き出すエンジンの姿を、機内の乗客が撮影した映像。

飛行機はすぐにデンバー国際空港へと戻り、乗客乗員ともに無事に着陸。

落下したエンジンの残骸は、民家や公園に落下したものの、今の所負傷者は確認されていないとのこと。

機内からこんな光景を目にしたらと思うと恐ろしすぎる。

【オススメ記事】ホオジロザメの体当たりでカヤックから転落。南アフリカ沖で釣りをしていた男の恐ろしい事故の瞬間

RAW: United Flight 328 engine catches fire

※追記
落下した残骸のひとつがこれ。
ホントに死傷者いなくてよかった。

kotaro269

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加