新日本「G1」山形大会、タマ・トンガがオカダの連勝を止める!【週刊プロレス】

新日本「G1」山形大会、タマ・トンガがオカダの連勝を止める!【週刊プロレス】

  • BBMスポーツ
  • 更新日:2021/10/14
No image

新日本プロレス年間最大シリーズで、最強戦士決定リーグ戦として今年で31回目を数える『G1 CLIMAX』第16戦が、10月14日に山形市総合スポーツセンターにて開催された。

No image

メインイベントには、ここまで7戦全勝で突き進んでいたオカダ・カズチカが登場し、タマ・トンガとの公式戦。過去のシングル戦績でも全勝している分のいい相手だったが、今G1では正攻法の真っ向勝負を見せているタマが粘り強い闘いを見せて食らいつく。タマはオカダの得意技をことごとく阻止し、開脚式ツームストーン・パイルドライバー狙いをガンスタンで切り返し、続けざまにダブルアーム式パイルドライバーをサク裂させて3カウント奪取。オカダから殊勲の星を挙げた。

オカダがまさかの黒星を喫した一方、同じく全勝で勝ち進んでいたジェフ・コブは、EVILのあくどい戦法にも屈せず、ツアー・オブ・ジ・アイランドで勝利。8戦負けなしで、10・20日本武道館でのオカダとの最終公式戦に臨むことになった。

最終公式戦では、コブは勝つか引き分けで優勝決定戦に進出、オカダが優勝戦に進むにはコブを下すしかなくなった(勝ち点で並んだ場合は直接対決の勝敗で優劣を決する)。

週刊プロレス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加