7連敗中の広島 アンダーソンが3回3失点KO 4回までに5失点...投手陣がまたも踏ん張れず

7連敗中の広島 アンダーソンが3回3失点KO 4回までに5失点...投手陣がまたも踏ん張れず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇セ・リーグ 広島―阪神(2022年8月6日 マツダ)

No image

<広・神>3回、無死満塁のピンチで汗をぬぐうアンダーソン(撮影・坂田 高浩)

7連敗中の広島が、序盤から阪神に大量リードを許した。

先発のアンダーソンが2回に梅野に先制適時打を許すと、3回にはロドリゲスの犠飛など2失点。この回3安打、1四球を許すなど阪神に傾いた流れを止められず、アンダーソンは結局、3回を7安打3失点で降板となった。

さらに4回から登板した2番手・藤井も勢いを止められず。佐藤輝に2点適時二塁打を浴びて、4回までに5点を献上した。

後半戦、未勝利の広島投手陣はここまで思ったような結果を出せず。佐々岡監督も頭の痛い問題だ。

【後半戦の先発投手陣の内容】

7・29 中日戦 大瀬良 3回4失点

7・30 中日戦 アンダーソン 6回1失点

7・31 中日戦 野村 4回1/3 2失点

8・2 DeNA戦 森下 4回5失点

8・3 DeNA戦 床田 4回3失点

8・4 降雨コールド

8・5 阪神戦 大瀬良 5回3失点

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加