『あちこちオードリー』6月度ギャラクシー賞「一級の『テレビ論』に」

『あちこちオードリー』6月度ギャラクシー賞「一級の『テレビ論』に」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/20
No image

お笑いコンビのオードリーがMCを務めるテレビ東京系バラエティ番組『あちこちオードリー』(毎週水曜23:06~)が、6月度のギャラクシー賞月間賞を受賞した。

『あちこちオードリー』2度目のオンラインライブ決定! 話すこと「溜まってます」

対象となったのは、6月2日・9日・16日の放送。同賞では「『番組MC』というテレビならではの職業。いつしか芸人の仕事のようになったが、本来『逸脱したい』芸人の性とは相性が悪い。そんな葛藤をロンブー淳が率直に語り、司会の若林も共鳴していく。『反省ノートSP』も含め、それぞれの立場の芸人が抱えるリアルな悩みや心情をあぶり出すとともに、一級の『テレビ論』にもなっていた」と講評した。

ギャラクシー賞は、放送批評懇談会が1963年に創設した、優秀番組・個人・団体を顕彰するもの。6月度はほかにも、『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ、4月13日~6月15日放送)、『NNNドキュメント’21「定点から問い続ける~雲仙普賢岳 大火砕流30年~」』(長崎国際テレビ、6月6日放送)、『NHKスペシャル「若者たちに死を選ばせない」』(NHK、6月13日放送)が受賞した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加