男性消防士が風俗店で受付バイト...「消防職員が風俗店で働いている」手紙で発覚 地方公務員法の規定違反 札幌市

男性消防士が風俗店で受付バイト...「消防職員が風俗店で働いている」手紙で発覚 地方公務員法の規定違反 札幌市

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2023/05/26
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

風俗店の受付をして90万円の収入を得たとして、札幌市の男性消防士が懲戒処分されました。停職3か月の処分を受けたのは、札幌市消防局白石消防署に勤務する20代の男性消防士です。男性消防士は2022年6月から2023年3月までの間、札幌市内の風俗店で受付の仕事をして、約90万円の収入を得たとして、地方公務員法の規定に違反しました。

No image

男性消防士が風俗店でバイト…地方公務員法の規定違反

白石消防署によりますと2023年3月、匿名で「消防職員が市内の風俗店で働いている」と手紙で通報があり、男性消防士に聞き取りをしたところ認めたということです。男性は5月26日付で、依願退職しました。札幌市消防局は、「市民の信頼を損なう行為を行ったことに深くお詫び申し上げます」とコメントしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加