背番34文星芸大付・伴、3年の思い乗せV打/栃木

背番34文星芸大付・伴、3年の思い乗せV打/栃木

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/02
No image

文星芸大付・背番号34を着けて4番で先制打を放つ伴(撮影・沢田直人)

<高校野球栃木大会:文星芸大付8-0那須清峰>◇2日◇3回戦◇宇都宮清原球場

文星芸大付(栃木)は3年生34人の全員野球で、8強打ち切りの大会で最後の勝利をつかんだ。

4番伴桂輔外野手(3年)は最大の背番号34。3回2死一、二塁、内角高めの直球を左前先制打を放った。「試合に出た時は、出ていない人の分まで打つつもりでした」と笑顔で語った。今大会は3年生に限り、選手登録が無制限に。3年生ばかり34人が試合ごとに交代し、20人がベンチに入った。

伴は公式戦で初めて4番に入った。昨年7月から腰に痛みを抱えた。冬はリハビリに励むと同時に、自身のスイングを見直した。ストライクゾーンを9分割して考え、素振りを各20本。どこに球が来ても打てるイメージを結果につなげた。「3年生全員で大会ができたことがうれしい」。けがで苦しんだ高校生活も、仲間と過ごした充実感で満たされた。【沢田直人】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加