韓国の12機関ハッキングした中国のハッカー「韓国の人気配信者が私を怒らせたから」

韓国の12機関ハッキングした中国のハッカー「韓国の人気配信者が私を怒らせたから」

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2023/01/25
No image

科学技術情報通信部の李宗昊長官が24日に韓国インターネット振興院インターネット侵害対応センター(KISC)を訪問してホームページハッキングなどサイバー攻撃現況と非常対応体制を点検している。[写真 科学技術情報通信部]

ウリマル学会など韓国の12の学術機関のホームページをハッキングした中国のハッキンググループが、韓国の一部人気配信者が自身を怒らせたためハッキング攻撃を行ったとし、今後の追加攻撃を予告する声明を発表した。

「暁騎営」という名前の中国のハッキンググループは24日午後10時50分にメッセンジャーのテレグラムに公開声明を上げ、自分たちが最近韓国の機関に対するホームページ攻撃を行ったと明らかにした。声明で彼らは「われわれは中国政府のために働くのではなく自由グループだ。われわれのチームは韓国をメンバーの訓練場として各メンバーが韓国攻撃に参加する」と脅した。続けて「韓国の一部人気配信者が私を怒らせた」とハッキングの具体的な理由を付け加えた。特定の実名は出さなかった。声明は中国語と英語で発表された。

ハッカーは韓国研究財団傘下の韓国学術誌引用索引(KCI)サイトのサーバーに保存されていた2500件余りの登録誌学会情報を入れたエクセルファイルも公開し、「このリストで興味深いことをしようと思う」と付け加えた。「われわれは韓国の弱点目録を購入した」「関連ウェブサイトのデータベースを削除している」などの主張からこれら学会サイトに対する追加攻撃も懸念される。

これに先立ち韓国インターネット振興院(KISA)は25日、「旧正月当日の22日にホームページがハッキングされた大韓建設政策研究院を含んで12機関のホームページでハッキングされたのを確認した」と発表した。ホームページのハッキングが確認されたのはウリマル学会、韓国考古学会、韓国学父母学会、韓国教員大学校幼児教育研究所、韓国保健基礎医学会、韓国社会科授業学会、韓国東西精神科学会、大韓口脣口蓋裂学会、韓国視覚障害教育リハビリ学会、済州(チェジュ)大学教育科学研究所、韓国教育原理学会だ。KISA関係者は「該当ハッキンググループが韓国の機関にサイバー攻撃を予告しておりモニタリングを続けている」として非常対応体制を稼動していると明らかにした。

中国では昨年党大会を控え中国人10億人余りの個人情報がハッキングされる事件が発生するなどハッキングに頭を痛めている。当時の報道によると、昨年6月末にあるハッカーが上海の公安システムのクラウドサーバーをハッキングし中国人10億人の携帯電話番号と写真など個人情報23.88テラバイト分のデータを10ビットコイン(当時のレートで約2600万円)で販売を試みたことがある。今回韓国公共サイトを攻撃したハッキンググループ暁騎営のテレグラムチャンネルには中国の四川省石炭炭鉱モニタリングプラットフォームをハッキングした画面も投稿されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加