小中学生の近視 学年上がるほど悪化 文科省が初の実態調査

小中学生の近視 学年上がるほど悪化 文科省が初の実態調査

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/06/24
No image

文部科学省は小中学生の近視の実態について初めて調査を行い、学年が上がるほど近視が悪化する傾向が明らかになった。

文科省は、全国の小中学生およそ7,400人を対象に近視の実態調査を行い、「眼軸長」と呼ばれる目の角膜から網膜までの長さを初めて計測した。

眼軸長は長いほど近視の度合いが強いとされていて、学年が上がるにつれて長くなることが明らかになった。

学年が上がるとスマートフォンなどの使用時間が長くなり、目の負担も増えるとして、文科省は、端末を使用する際は画面から目を30cm以上離すなど注意を呼びかけている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加