広島・玉村がソフトバンク打線を圧倒 6回3安打無失点 プロ初勝利の権利を手に降板

広島・玉村がソフトバンク打線を圧倒 6回3安打無失点 プロ初勝利の権利を手に降板

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

ソフトバンク打線を相手に力投する先発の玉村(撮影・立川洋一郎)

「ソフトバンク-広島」(10日、ペイペイドーム)

広島先発の玉村が6回3安打無失点の快投で、プロ初勝利の権利を手にして降板した。

立ち上がりからソフトバンク打線を相手に凡打の山を積み重ねた。独特の投球フォームから繰り出されるキレのいいボールを主体に、4年連続日本一チームを翻弄(ほんろう)。初回1死二塁のピンチも落ち着いてしのぐと、二回以降は6三振を奪った。

左腕はここまで3試合に先発し、0勝3敗、防御率5・40と不安定な成績だった。それでも4度目の正直で、念願の初勝利の権利をつかみ取った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加