DATAFLUCT、「マルチモーダルデータプラットフォーム構想」の実現に向け新規サービス投入&既存サービス強化

DATAFLUCT、「マルチモーダルデータプラットフォーム構想」の実現に向け新規サービス投入&既存サービス強化

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/11/25

DATAFLUCTは11月19日、「マルチモーダルデータプラットフォーム構想」の実現に向け、新規サービスの投入および既存サービスの強化に順次取り組むと発表した。

No image

本構想は、構造化・非構造化(画像・文書など、そのままでは定型的に扱えないデータ)を問わずあらゆる種類のビッグデータ(マルチモーダルデータ)を利用できる形に処理し、カタログ化したデータをノーコード、エンドツーエンドで活用できる環境を提供するというもの。

同社は、本構想が4つのサービスで構成されるとしている。各サービスの概要は以下の通り。

・AirLake(2021年12月中旬サービス提供開始) データ活用の前工程である収集、加工、蓄積における課題を解決し、これまでにないデータ同士の組み合わせから新たな洞察を得られる環境を提供するデータレイク/データウェアハウス。データサイエンティストやエンジニアがいなくても、画像や動画、音声、文書などの非構造化データを簡単に加工・変換できる。また、社内・社外、構造化・非構造化を問わずどこからでも必要なデータを収集し、カタログ化したデータを一元管理可能。

・DATAFLUCT cloud terminal.(2021年11月下旬リニューアル予定) データの準備から前処理、データ解析、モデル作成、精度維持・監視、実装、継続運用といった機械学習に必要な工程を一括で実行・管理・運用できるノーコードのエンドツーエンド機械学習プラットフォーム。

・SCMのための需要予測プラットフォームサービス(2021年12月サービス提供開始予定) 精度の高い需要予測を自動で実行し、データやITの専門家のいない環境でも最新のアルゴリズムとデータを活用できるサービス。在庫数や販売数、配送の最適化、ダイナミックプライシングだけでなく、需要予測や価格調整の自動化によって業務効率を向上させ、企業の生産性と組織満足度を改善する。

・ノーコード対話型BIプラットフォームサービス(2021年12月サービス提供開始予定) 社内の誰もがデータ分析やデータに基づく意思決定およびコミュニケーションができる、データドリブン組織を推進するサービス。データ分析の知識・経験の有無にかかわらず、調べたい項目を検索窓に入力するだけでデータの取得から分析、インサイトの読み取り、ビジネスアクションの検討までのデータ利活用の一連の流れを、ノーコードで効率的に実施可能。

同社では、同構想のもと提供するサービスで、これまで分析の材料とされていなかった非構造化データを構造化して利用できるようになるほか、データカタログを用いて分析・活用することで洞察を獲得できるようになるなど、組織のデータドリブン経営に貢献するとしている。

■関連サイト

ニュースリリース

DATAFLUCT

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

No image

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

No image

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加