【FC東京】ブルーノ・ウヴィニが戦ったメッシとレアンドロ・ダミアン。「共通点は決定力」〈連続インタビュー〉

【FC東京】ブルーノ・ウヴィニが戦ったメッシとレアンドロ・ダミアン。「共通点は決定力」〈連続インタビュー〉

  • サッカーマガジンWeb
  • 更新日:2021/10/14
No image

FC東京が人気サッカーマンガ「ブルーロック」とともに盛り上げるのが、10月23日の明治安田生命J1リーグ第33節鹿島アントラーズ戦。ストライカーがテーマのこのマンガにちなんで、FC東京の選手に「ストライカー論」を聞く連続インタビューをお届けする。まずは世界一流のストライカーを止めてきたDFブルーノ・ウヴィニが、あの選手との対戦を振り返る。

通訳◎飯野一徳

[ 関連記事を読む - レアンドロ・ダミアン ]

上写真=ルヴァン杯徳島戦でブルーノ・ウヴィニが来日初ゴールを決めて雄叫び!(写真提供◎FC東京)

やっぱりメッシはすごかった!

――今回は、FC東京が鹿島アントラーズ戦で人気マンガ「ブルーロック」とコラボするということで、ストライカーをテーマにうかがっていきます。ウヴィニ選手はロンドン・オリンピックのブラジル代表の一員として銀メダルを獲得、フル代表にも選出され、クラブレベルでもブラジルの名門、サンパウロやサントス、さらにはイングランドのトットナム・ホットスパー、イタリアのナポリやシエナ、オランダのトゥエンテといった名門でプレーしてきました。世界的なストライカーとのバトルも数多く経験していると思います。

ブルーノ・ウヴィニ(以下、BU) そうですね。中でも最も一番印象に残っているのは、ブラジル代表の一員としてアルゼンチン代表と対戦したときの、メッシですね。やっぱり次元が違うな、という印象があります。2012年にアメリカで親善試合を戦ったんです。

始まって20分ぐらいは彼もほとんど動いていなくて目立たなかったんですが、2回、ボールを受けて、2点を決められました。すごかったです。

――さすがメッシですね! ともに戦った仲間から挙げるとすると、誰でしょう。

BU 皆さんもよくご存じの川崎フロンターレのレアンドロ・ダミアンですね。一緒にプレーもしているし、対戦もしています。クオリティの高い選手でキープ力があって身体も強い、とてもいい選手だと思います。

彼とはロンドン・オリンピックをはじめ、ブラジル代表でも、さらには2014年にはサントスでもチームメートだったんです。彼が先に日本にやって来ましたが、私が来日する前は連絡を取って、いろいろ情報を聞いていました。とても助かりましたよ。彼は日本でも活躍していますし、最初は苦しんだようですが、いまはタイトルに絡んでいて、彼が成功していることをうれしく思っています。

――ディフェンダー目線でいうと、レアンドロ・ダミアンが優れているところはどこでしょうか。

BU 一番の武器であり、対戦相手として怖いのは、決定力があるところですね。大事なところで決め切る力があることが一番の強みで、ストライカーには最も大切だと思います。以前から決定力があってそこは変わっていませんが、、日本に来てからは守備の能力に優れていることも見せていると思います。センターバックである私からしてみたら、決定力の高いストライカーを相手にすること自体大変ですが、フォワードからプレスをかけてこられるのも嫌なんです。

No image
No image

「ミスをしないためにシンプルにプレーすること」。ブラジル代表としてもプレーした経験で守備の最優先事項をそう語る(写真提供◎FC東京)

「誰にとってもゴールを決めることは喜び」

――そんなメッシとレアンドロ・ダミアンというストライカーに共通することをあげると?

BU プレースタイルはもちろん違っていて、レアンドロ・ダミアンはどちらかというとペナルティーエリアの中で仕事をする選手ですし、メッシは外から入ってくるというタイプです。そんな2人の共通点は、やはり決定力があることですね。守備陣としては彼らにシュートを打たれればやられる可能性があるので、より一層の注意を払って止めなければなりません。

――センターバックとしては、各チームのストライカーを止めなければならない使命がありますが、最も優先すべきはどんなことでしょう。

BU 私たちに大事になってくるのは、最終的に点を決められないようにすることで、そのためには常に集中力を持って戦うこと、そして、ミスをしないためにシンプルにプレーしなければいけません。最近は、対戦相手の詳細データを集めることができるので、対戦前に特徴がわかり対策をたてやすくなっています。

――その集中のためには、ピッチの上で常に情報を集めて分析することが必要になりそうですね。

BU 情報というところでは、相手の分析はもちろん大切なのですが、それ以上に自分が準備ができているかどうかということです。頭では理解できていても、体が動かなければなんの意味もありませんからね。体が動くように日々の練習を積んでいるということと、その中で集中力を持ちながらプレーすることが大事なんです。

――素晴らしいストライカーは、FC東京にもいますね。

BU もちろんです! ディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン、レアンドロの3人はチームに欠かせないですよね。相手チームは彼らをとても警戒してきます。、ブラジル籍の選手だけの力では勝てませんから日本人の素晴らしいストライカーと力を合わせています。

――もう一人、ブルーノ・ウヴィニという「ストライカー」も楽しみです。今年はルヴァンカップで徳島ヴォルティスを相手に高い打点のヘディングシュートを決めています。

BU 通常のポジションはザゲイロ(センターバック)ですから、そこでしっかりプレーすることが大事ですけれど、誰にとってもゴールを決めることは喜びです。私ももちろん決めたいと思っていますよ。

セットプレーからであれば、得意な空中戦で決めたいと思っていますし、この前の浦和戦(9月25日のJ1第30節)では途中から出てフォワードでプレーしましたからね。そこでも自分の特徴を活かすことができればと思っています。

――シーズン途中に加わって、まだまだこれから活躍が求められます。コンディションの高まりは感じていますか。

BU 非常にいいと思っています。日々の練習もしっかりやっていますので、コンデションはまったく問題ありませんよ。まだ試合には出続けていないので、試合勘をつかむのはこれからですが、それ以外はいつでも用意ができています!

取材・構成◎平澤大輔

[ アルバム : 【写真】ブルーノ・ウヴィニはとにかくナイスガイ。最高の笑顔で誰とでも打ち解ける人間性も魅力だ(写真提供◎FC東京) はオリジナルサイトでご覧ください ]

連続インタビュー読者プレゼント!

連続インタビューをご覧の方限定のプレゼントキャンペーンを実施!
第1弾では「『ブルーロック』コラボ アクリルスタンド/ディエゴ オリヴェイラ選手」を1名様にプレゼント!
下記のフォームよりお申込みください!
※お申込みにはJリーグIDの取得(無料)が必要となります。

No image

【ブルーロックコラボ】サッカーマガジン読者限定プレゼントキャンペーン!Vol.1

www.members.jleague.jp

コラボグッズをご紹介!

また、プレゼントとなるアクリルスタンドなど『ブルーロック』とFC東京のコラボグッズを販売中!
ぜひお買い求めください。

No image

FC東京 ブルーロック|【公式】Jリーグオンラインストア J.LEAGUE ONLINE STORE

FC東京 ブルーロックのグッズを買うならJリーグオンラインストアで!Jリーグ公式の通販サイトではいつでも簡単にFC東京の商品を購入することができます。

store.jleague.jp

サッカーマガジン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加