楽天・田中将大が異例調整 本番マウンドで投球練習「確認したいことがあったからやった」

楽天・田中将大が異例調整 本番マウンドで投球練習「確認したいことがあったからやった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/06/23
No image

本番マウンドで投球練習を行う楽天・田中将大(撮影・加藤次郎)

楽天・田中将大投手(33)が24日の西武戦に先発する。23日は楽天生命パークで投手練習に参加。珍しく登板前日に本拠地のマウンドで〝予行演習〟を行った。

「自分の確認したいことがあったからやった。ゲームの中でしっかりと出すだけ」

登板2日前にブルペン入りし、登板前日には軽めのキャッチボールをするのがこれまでのお決まり。今回は22日に通常通りブルペンに入り、2日連続でマウンドから投球。左打席に3年目の黒川を立たせ、変化球を交えて25球を投じた。初めて間近で球筋を見たという黒川は「精度が高すぎて球種も多い。さすが田中さん」と目を丸くした。

前回17日のソフトバンク戦では千賀と投げ合い、日本球界自己ワーストとなる4被弾。自身5連敗で6敗目を喫した。23日も相手先発はエース級の高橋。「誰だろうと関係ない。勝てるように頑張ります」と大黒柱がチームの首位キープへ力を込めた(加藤次郎)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加