横浜キヤノンイーグルス ホストエリアで写真展 市庁舎1階、17日まで〈横浜市中区・横浜市西区〉

横浜キヤノンイーグルス ホストエリアで写真展 市庁舎1階、17日まで〈横浜市中区・横浜市西区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/01/15

2019年ラグビーワールドカップの日本代表で活躍した田村優選手などが所属するラグビーチーム「横浜キヤノンイーグルス」は現在、横浜市庁舎1階の展示スペースAで写真展を開いている。1月17日まで開催しており、時間は午前9時30分から午後4時までとなる。

1月7日に開幕を迎えたラグビーの新リーグ「リーグワン」の開幕に合わせ、同チームと横浜市が共催したイベント。ホストエリアである横浜で写真展を開くのは初となる。

写真は同チームのオフィシャルフォトグラファーの水谷たかひと氏の作品で、昨年の「トップリーグ2021」の試合で撮影した迫力あるラグビーシーンや勝利の瞬間を観賞することができるほか、同チームの歴史の歩みをパネルで紹介。また、会場には新リーグで着用するチームカラーの「レッド」と横浜を想起させる「ブルー」のユニフォームの展示も行っている。

No image

迫力ある写真を展示

タウンニュース中区・西区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加