土砂崩れで一時生き埋めの作業員2人が死亡 栃木

土砂崩れで一時生き埋めの作業員2人が死亡 栃木

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/01/14
No image

動画を見る(元記事へ)

栃木県那須塩原市で橋の強耐震補工事中に土砂が崩れた事故で一時、生き埋めになった作業員2人の死亡が確認されました。

死亡したのは市内の会社員・村越丈洋さん(25)と横浜市の会社員・浅利涼介さん(20)です。

事故現場は東北道の黒磯板室インターチェンジの近くで当時、橋脚の土台を補強する作業が行われていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加