今月シニアデビューの宮本勝昌が単独首位浮上/国内男子

今月シニアデビューの宮本勝昌が単独首位浮上/国内男子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

宮本勝昌

パナソニックオープン第2日(23日、兵庫・小野東洋GC=7113ヤード、パー72)今月シニアデビューしたツアー通算12勝の宮本勝昌(50)=シーミュージック=が6バーディー、ボギーなしの66をマーク。首位と2打差の4位から、通算11アンダーの単独首位に浮上した。

首位に並んで出た桂川有人(23)=国際スポーツ振興協会=は5バーディー、2ボギーの69で回り、通算10アンダー。同じく首位発進の今平周吾(29)=ダイヤ、前週優勝の大槻智春(32)=真清創設=らと1打差の2位に並んだ。今大会でプロデビューした、前回大会覇者の中島啓太(22)=フリー=は4バーディー、3ボギーの71で、通算4アンダーの47位。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加