「復帰の内実を問う」雨が降る中、5・15平和行進が始まる 沖縄で3年ぶり開催

「復帰の内実を問う」雨が降る中、5・15平和行進が始まる 沖縄で3年ぶり開催

  • 沖縄タイムス+プラス
  • 更新日:2022/05/14
No image

3年ぶりに平和行進する参加者=14日午前、北中城村

5・15平和行進実行委員会(事務局・沖縄平和運動センター)の平和行進が14日午前9時、宜野湾市民会館を起点に始まった。新型コロナウイルスの影響で2020年、21年は中止を余儀なくされたが、本土復帰50年の節目に、3年ぶりに開催した。

小雨が降る中、全国各地から集まった参加者が「世界の平和を勝ち取る思いを発信しよう」とガンバロー三唱して行進がスタートした。

「復帰の内実を問う」がテーマ。沖縄から平和への思いを発信しながら米軍普天間飛行場や嘉手納基地を巡る約9㌔の道のりを歩き、沖縄市の八重島公園を目指す。

復帰50年を迎える15日には、那覇文化芸術劇場なはーとで県民大会を開く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加