詐取した持続化給付金約740万円口座に隠したか 法人に組織犯罪処罰法違反を初適用

詐取した持続化給付金約740万円口座に隠したか 法人に組織犯罪処罰法違反を初適用

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/11/25
No image

だまし取った新型コロナの持続化給付金を銀行口座に隠したとして、コンサルティング会社の社長ら5人が逮捕されました。

コンサル会社「iNiDEP」代表の谷逸輝容疑者(25)ら5人はおととし、嘘の申請でだまし取った持続化給付金およそ740万円を銀行口座に隠した疑いが持たれています。

また、会社も同じ容疑で書類送検されました。法人に組織犯罪処罰法違反を適用するのは全国初です。

警視庁によりますと、谷容疑者の口座に37人分の持続化給付金が振り込まれていて、法人としての関与が浮上しました。

取り調べに対し、谷容疑者は黙秘しています。

警視庁は、谷容疑者が持続化給付金をだまし取るために会社を設立したとみて詳しく調べています。

「国税だから大丈夫」給付金詐欺 国税局職員が起訴内容認める

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加