平和堂イメージソング「かけっことびっこ」吹奏楽譜の無料配信スタート 編成や難易度異なる2種類

平和堂イメージソング「かけっことびっこ」吹奏楽譜の無料配信スタート 編成や難易度異なる2種類

  • 福井新聞ONLINE
  • 更新日:2022/11/25
No image

平和堂イメージソングの吹奏楽譜を配信する特設サイト

スーパー大手の平和堂(本社・滋賀県彦根市)は11月25日、売り場でおなじみのイメージ曲「かけっことびっこ」の吹奏楽譜の無料配信をスタートした。同社は「多くの団体に演奏していただき、さらに多くの人に親しまれる歌になれば」としている。特設サイトからダウンロードできる。

イメージ曲「かけっことびっこ」は1977年、同社の創業20周年を記念して誕生。軽快な歌詞とメロディーが45年にわたり親しまれてきた。2022年には創業65周年特別企画として、滋賀県出身の歌手・西川貴教さんが歌唱。春・夏の甲子園では近江高校の応援曲となり話題を集めた。

以前から学校や地域団体から楽譜の要望を受けており、滋賀県創業の吹奏楽譜出版社の協力を得て吹奏楽譜を制作した。標準編成(中~高校生向け、1分30秒)と小編成(中学生向け、1分30秒)の編成、難易度が異なる2種類を用意した。

配信は2023年5月31日まで。吹奏楽譜出版社のサイトリニューアルの為、12月18~21日は配信休止する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加