4歳で王室離脱を示唆してた!?ヘンリー王子の当時の発言が話題

4歳で王室離脱を示唆してた!?ヘンリー王子の当時の発言が話題

  • コスモポリタン
  • 更新日:2021/09/17
No image

2020年3月、正式にイギリス王室から離脱し、現在はアメリカ・カリフォルニア州で暮らすヘンリー王子(37歳)。35歳で王室離脱を決意した王子だが、4歳の頃からそういった意識があったという報道に注目が集まっている。

関連記事:ヘンリー王子夫妻の最新インタビューで判明した、8つの驚きの事実

2020年1月、Instagramで王室離脱を宣言したヘンリー王子夫妻。このニュースには、世界中に大きな衝撃が走ったが、最終的にイギリス王室は冷静な対応を取り、王室からの離脱が承認された。

その年のビッグニュースとなった出来事だが、イギリスのテレビ放送局「Channel 5」のドキュメンタリー番組で、元王室保護官のケン・ウォーフ氏が「ヘンリー王子はわずか4歳のときに、王室を離れることを示唆していた」と発言し話題に。

同ドキュメンタリーの中では、ヘンリー王子と兄ウィリアム王子の会話についてこのように語った。

「ダイアナ妃は、いつも息子2人をイングランド南西部にあるグロスターシャーのハイグローヴに連れて行っていました。このような特別なときだけ彼女が車を運転し、私は助手席に座って、王子たちは後部座席に座るんです。けれど二人は出発前から口論していて、良くないスタートだったのは明らかでした」「そしてヘンリー王子は、どこからともなくこう言いました。『ウィリアム、いつか君は王になるけど、僕はならない。そもそも興味がないから、僕は好きなことをするつもり』と」

またウォーフ氏によると、ヘンリー王子のこの発言にはダイアナ妃も驚いたようで、王子に「なんでそんな風に思うの?」と聞いていたという。

No image

そんなヘンリー王子の幼少期の発言は今や現実となり、ここ数年で兄弟の絆も緊迫した状況に。また二人の間にできた溝についてヘンリー王子は、「ウィリアムとは別々の道を歩んでいる」と明らかにしたことも。

そしてヘンリー王子とメーガン妃が王室を離れて以来、兄弟はほとんど顔を合わせていないという。直近では、今年4月に行われたフィリップ殿下の葬儀の際と、7月にダイアナ妃の銅像の除幕式で再会しているが、その回数はかなり少ないことが分かるはず。

王室ファンは、これらの出来事が二人の和解につながると期待していたけれど、<The Sun>では王室ジャーナリストのオミッド・スコビー氏が、以下のようにコメントしたと報じている。

「今回の再会は、彼らが和解するに相応しい瞬間や場所でないのは明らかです。今回は式典がメインだったので、じっくりと話し合える機会はありませんでした」

No image

またヘンリー王子は、亡きフィリップ殿下を回顧するドキュメンタリー番組にも出演しているそうで、同番組には他の王室メンバーも参加しているとのこと。メーガン妃が参加するかどうかは不明だが、『BBC』は「フィリップ殿下が亡くなる前後に撮影されたインタビューを収録しています」と説明している。

未だ関係が修復されていないと報道されている、ウィリアム王子&ヘンリー王子。今後二人がどのような対応をとるのか、引き続き注目したい。

※この翻訳は抄訳です。

Translation: ARISA ISHIMOTO

COSMOPOLITAN UK

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加