【POG】ラッキーモー 豪快に差し切った 福永「実戦で良さが出た」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18

「新馬戦」(17日、京都)

京都4Rで好位集団を前に見る形でレースを進めた1番人気のラッキーモー(牡2歳、父アンクルモー、母ラッキートゥビーミー、栗東・松永幹)が、直線外から力強く伸びて差し切った。

この勝利で自身11年連続12回目のJRA年間100勝を達成した福永は「ゲート入りをごねたりと気難しい面を見せていましたが、レースは上手に立ち回ってくれました。実戦で良さが出ましたね」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加