ヴィクトリアマイルは大波乱となるか。名手とコンビを組む2頭に穴党記者は「大駆けが期待できる」

ヴィクトリアマイルは大波乱となるか。名手とコンビを組む2頭に穴党記者は「大駆けが期待できる」

  • Sportiva
  • 更新日:2022/05/14

東京競馬場でのGI5週連続開催。2週目は古馬牝馬の頂上決戦となるGIヴィクトリアマイル(5月15日/東京・芝1600m)が行なわれる。

過去10年の結果を振り返ってみると、1番人気はわずか3勝。伏兵の台頭が目立ち、2015年には3連単で2000万円超えとなる、超特大の高配当を記録した波乱の多い一戦だ。ある意味、穴党垂涎のレースと言える。

◆競馬とお酒を愛する美女・高田秋インタビューカット集

しかも今年は、豪華メンバーが集ったこともあって、人気が分散されそう。どの馬が1番人気になるのかさえ読めない状況だ。それゆえ、日刊スポーツの木南友輔記者も「面白いメンバーがそろいました。ファンに人気の牝馬がこぞって参戦してくるので、オッズも面白いことになりそうです」と興奮気味に語る。

ともあれ、そうした状況のなか、人気の中心となる面々はどのあたりなのか。木南記者はこう分析する。

「ダートでも結果を出して、得意の芝のマイル戦に戻るソダシ(牝4歳)。およそ1年ぶりのレースに臨む三冠牝馬のデアリングタクト(牝5歳)。連覇を狙ったGI大阪杯(4月3日/阪神・芝2000m)では惜しくも2着に終わったレイパパレ(牝5歳)。おそらくこの3頭が自然と上位人気を争うのではないでしょうか。

それらに続くのが、スプリント&マイル戦線で活躍するレシステンシア(牝5歳)。前走でサウジアラビアの重賞を勝ってきたソングライン(牝4歳)。良血アンドヴァラナウト(牝4歳)あたりでしょうか」

ただし、いずれも懸念材料を抱えており、これ以外の馬にも付け入る隙はありそう。また、開催前の週中には雨も降って、馬場状態がレースにも少なからず影響を与えるかもしれない。その点について、木南記者はこんな見解を示す。

「今週からBコースとなり、先行有利の馬場になることも考えられますが、週中から週後半にかけて結構雨が降りましたし、Aコース最終週の先週は日曜日が明らかに差し馬場になっていました。そうなると、どんな馬場状態になるか、気になるところです。

もし差しが利くような馬場となれば、アカイイト(牝5歳)やクリノプレミアム(牝5歳)、さらには先週の3勝クラスで後方一気を決めたジャスティンカフェを末脚勝負で下しているディヴィーナ(牝4歳)なども面白そう」

有力馬を挙げれば十指に余りそうだが、木南記者は頼もしい鞍上を得た穴馬2頭に注目する。

No image

ヴィクトリアマイルでの勝ち負けが期待されるファインルージュ

「1頭目は、ファインルージュ(牝4歳)です。手綱を取るのは、ケンタッキーダービー帰りのクリストフ・ルメール騎手。決して侮れませんよ。

ファインルージュ自身、昨年のGI桜花賞(阪神・芝1600m)で3着、GI秋華賞(阪神・芝2000m)で2着と、いつGIを勝ってもおかしくない実力馬。今年初戦の前走、GIII東京新聞杯(2月6日/東京・芝1600m)でも初の古馬牡馬との対戦で2着と奮闘しました。

およそ3カ月ぶりの実戦となりますが、昨秋には休み明けのGIII紫苑S(中山・芝2000m)を快勝。前走も約4カ月ぶりの一戦で好内容のレースを見せていますから、久々を苦にするタイプではありません。実力的にも上位人気馬とそん色ありませんし、人気を落としそうな今回は狙い目でしょう」

意外なことに、今年はここまで国内での重賞制覇がないルメール騎手。だが、人気薄の実力馬に騎乗した今回、一発あっても不思議ではない。

そして、木南記者が穴馬候補に挙げたもう1頭は、テルツェット(牝5歳)だ。

「こちらは、短期免許で来日中のダミアン・レーン騎手が騎乗。GIでは大敗続きのテルツェットですが、昨春には牡馬相手にGIIIダービー卿チャレンジトロフィー(中山・芝1600m)を勝利。名手をパートナーに迎えての反撃が見込めます。

重賞2勝の実績から、前走のGIII中山牝馬S(3月12日/中山・芝1800m)ではトップハンデとなる56.5kgの斤量を背負わされました。厳しいハンデに加え、レースでも道中は後方からの競馬を強いられましたが、最後の直線では鋭く伸びて勝ち馬からコンマ2秒差の5着。勝ったクリノプレミアムとは3.5kgの斤量差があったことを思えば、悪くない内容だったと思います。

今回はそこから約2カ月の間隔をあけての出走で、この馬の好走パターン。大駆けへの期待が膨らむばかりです」

波乱必至の「春の女王決定戦」。ハイレベルな激戦が予想されるなか、名手を背にした2頭が波乱を演出してもおかしくない。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加