英スタンチャート、アジアで後払いサービスに参入へ

英スタンチャート、アジアで後払いサービスに参入へ

  • ロイター
  • 更新日:2021/10/14

[シンガポール 13日 ロイター] - 英銀大手スタンダード・チャータードは13日、シンガポールのAtomeフィナンシャルと、フィンテック分野での期間10年の提携を発表した。

No image

英銀大手スタンダード・チャータードは13日、シンガポールのAtomeフィナンシャルと、フィンテック分野での期間10年の提携を発表した。写真は2017年8月、香港で撮影(2021年 ロイター/Bobby Yip)

大手行としては初めて、アジアのBNPL(後払い決済)サービスに本格参入する。

同行はAtomeフィナンシャルに出資する。出資額は未公表。

Atomeフィナンシャルは、東南アジアでBNPLプラットフォームの「Atome」を運営。インドネシアではデジタル融資プラットフォーム「Kredit Pintar」を運営している。

スタンダード・チャータードは、Atomeフィナンシャルの加盟店・顧客拡大を支援するため、5億ドルを融資することも明らかにした。

提携は、まず東南アジア市場で開始。数カ月以内にインドネシア、マレーシア、シンガポール、ベトナムでBNPLサービスを本格展開する。その後、デジタル融資商品に提携を拡大する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加