大雪ピーク越す 週明け月曜以降再び冬型に

大雪ピーク越す 週明け月曜以降再び冬型に

  • 北日本放送
  • 更新日:2022/01/14
No image

13日から降り続いた雪は、県西部を中心に交通などに影響が出た。ピークは過ぎたが来週にかけても雪に対する注意・警戒を。

13日から降り続いた雪は、県西部を中心に交通などに影響がありました。今回のピークは過ぎましたが来週にかけても雪に対する注意・警戒が必要になりそうです。

14日午前5時までの24時間に降った雪の量は、砺波市で38センチ、富山市と高岡市伏木で23センチなどとなりました。

小矢部市の国道8号線では、石川県境付近でトラックが坂を登れなくなったなどの影響で、最大およそ15キロの渋滞が発生しました。

砺波市では、13日午後10時までの3時間に、20センチの降雪を観測し、気象庁が「顕著な大雪に関する気象情報」を発表しました。一夜明け、市内の内科医院では、看護師らが駐車場の除雪に追われていました。

看護師

「昨日夕方からひどかった。一晩で積もった感じ」

午後6時の各地の積雪は、富山市で39センチ、高岡市で26センチなどとなっています。

15日午前6時までに予想される12時間降雪量は、いずれも多い所で平野部で2センチ、山間部で5センチ、その後の12時間は雪は降らない見込みです。

富山市の降雪量の合計は、平年が253センチ、この冬は14日午後4時までに163センチとなりました。

これからさらに寒さが厳しくなる時期を前に、すでに平年の6割を超え、雪が多い冬になりそうです。来週も17日月曜日から再び冬型の気圧配置となり、18日火曜日の朝まで日本海から伸びる雪雲の帯、JPCZが県内を目指す予想になっています。引き続き、雪の情報に注意が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加