宝塚月組の次期トップスターに月城かなと、次期トップ娘役に海乃美月が決定

宝塚月組の次期トップスターに月城かなと、次期トップ娘役に海乃美月が決定

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/06

宝塚歌劇団は6日、月組の次期トップスターに月城かなと、次期トップ娘役に海乃美月が決定したと発表した。8月16日付から。

No image

月城かなと

月城かなと、海乃美月の新トップコンビとしてのお披露目公演は、10月11日に初日を迎える月組博多座公演『川霧の橋』『Dream Chaser -新たな夢へ-』となる。

現トップスターの珠城りょう、トップ娘役の美園さくらが8月15日15日付で退団することに伴う決定となった。

2009年入団の月城は星組の礼真琴(れい・まこと)、花組の柚香光(ゆずか・れい)と2人のトップスターが活躍中の95期。トップ娘役も元星組・妃海風(ひなみ・ふう)、元宙組・実咲凜音(みさき・りおん)、元月組・愛希(まなき)れいかの3人を輩出している。

月城は美しいビジュアルと歌、ダンス、芝居とすべてをそつなくこなすエンターテイナー。入団後、雪組に配属され、17年2月に月組へ組替えした。神奈川県横浜市出身、愛称は「れいこ」。

海乃は、2011年入団の97期。東上公演単独ヒロインを4度務めた実力派娘役。富山県氷見市出身。愛称は「うみ」「くらげ」。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加