男子日本代表は連敗スタート...ポーランド、ラトビアにノックアウト負け/3x3W杯

男子日本代表は連敗スタート...ポーランド、ラトビアにノックアウト負け/3x3W杯

  • バスケットボールキング
  • 更新日:2022/06/23
No image

男子日本代表は連敗スタートとなった[写真]=fiba.com

6月22日、「FIBA 3x3 バスケットボールワールドカップ 2022」の2日目が行われ、男子日本代表(世界ランキング15位)がポーランド代表(同11位)、ラトビア代表(同3位)と対戦した。

日本は昨夏行われた東京オリンピックに出場した落合知也(越谷アルファーズ/ALPHAS.EXE)と保岡龍斗(秋田ノーザンハピネッツ/SAITAMA ALPHAS)に加え、藤髙宗一郎(バンビシャス奈良/TOKYO DIME.EXE)と佐土原遼(広島ドラゴンフライズ)の4名で大会に臨んだ。

初戦のポーランド戦では序盤に保岡や落合が得点を沈めて試合を優位に進めるが、じりじりと詰め寄られ中盤に逆転されてしまう。その後こう着状態が続いたが、ポーランドに徐々に引き離されて結局13-21でノックアウト負けを喫した。

続く第2戦では、東京オリンピックで金メダルを獲得した強豪・ラトビアと対戦。立ち上がりから相手に試合を支配され、0-6と大きく引き離されてしまう。保岡と佐土原を中心に何とか反撃に出るも、力の差を見せつけられ5-22と大敗。男子日本代表は連敗スタートとなった。

なお、本日は女子代表がルーマニア代表、ドイツ代表と対戦する。

■試合結果
ポーランド 21-13 日本
ラトビア 22-5 日本

バスケットボールキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加