「オオタニはとんでもない!」大谷翔平、251勝左腕も唸る”2夜連続”の自己新達成!8打点→13奪三振に「彼は人間なの?www」とファンも歓喜

「オオタニはとんでもない!」大谷翔平、251勝左腕も唸る”2夜連続”の自己新達成!8打点→13奪三振に「彼は人間なの?www」とファンも歓喜

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2022/06/23
No image

前日の8打点、そしてこの日の13奪三振という連日の活躍に、CC・サバシアも感心したようだ。(C)Getty Images

2日連続の輝きに、レジェンド左腕も大興奮だ。

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は現地6月22日(日本時間23日)、本拠地でのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。打者としては3打数1安打に終わるも、投手としては8回を投げ、キャリアハイの13奪三振を奪う快投でチームを5-0の勝利に導いた。

【動画】「信じられない」大谷翔平が2日連続でキャリアハイを更新!ロイヤルズから奪った圧巻”13奪三振”をチェック!

前日に2本の3ランを含む8打点をあげて、キャリアハイかつ日本人最多打点記録を更新した二刀流はこの日、投手として圧巻の奪三振ショーを披露した。初回こそ2本のヒットでピンチを迎えたものの、ここで一気にギアを上げ、3番と5番から三振を奪ってピンチを切りぬけると、続く2回と4回には三者三振。初回から降板した8回までの全てのイニングで三振を奪う圧巻のピッチングで、ロイヤルズ打線に何もさせなかった。

この好投にMLBのレジェンドも黙っていられなかったようだ。通算251勝を誇る2007年サイ・ヤング賞左腕のCC・サバシアが、「一晩で2ホーマー、8打点…次の夜は13三振2安打で勝利…ショウヘイ・オオタニはとんでもない!」と自身のTwitterに投稿したのである。

泣き笑いの顔や100点の絵文字を添えたこの投稿には、ファンも反応。コメント欄は「彼は間違いなく世界一のアスリートだ!」「彼は人間なの?www」「ただただ、とてつもない!」などと称賛の言葉が寄せられた。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加