レスター指揮官、8試合終えてプレミア首位も...「重要なのは謙虚さ」

レスター指揮官、8試合終えてプレミア首位も...「重要なのは謙虚さ」

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/11/21
No image

リヴァプール戦を前に意気込みを語ったブレンダン・ロジャーズ監督 [写真]=Getty Images

レスターを率いるブレンダン・ロジャーズ監督が、22日に控えるリヴァプール戦を前に意気込みを語った。20日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

レスターは第8節終了時点で勝ち点18ポイントを獲得し、プレミアリーグ首位に立っている。しかし、6位のアストン・ヴィラまでは勝ち点3ポイント差となっており、1試合の結果で順位が大きく変わる可能性もある状況だ。ここまで第3節のマンチェスター・C戦や第6節のアーセナル戦に勝利したレスターだが、ロジャーズ監督はタイトル争いを考えるのは「時期尚早」だとしている。

レスターは22日、プレミアリーグ第9節で3位リヴァプールとアウェイで対戦する。ロジャーズ監督は今季ここまでのチームの戦いを振り返り、「良いスタートを切ることができたが、重要なのは謙虚さを保つことだ。そして、毎試合に向けてできる限りの準備をするために、我々のアプローチに正直であり続けることだ。それが我々の唯一の考えであり、他のことは何も考えていない」とコメントした。

また、ロジャーズ監督は負傷者が続出しているリヴァプールについて、「トップクラスの選手たちがいる。これは非常に難しいことだ。何人かの選手を欠いていたとしても、世界レベルの選手が揃っていることに変わりはない」とし、警戒した。

ロジャーズ監督はリヴァプールとの戦い方について、「特にアウェイでの試合では守備をしっかりと行い、ボールを効率的に使わなければならない。チームは進化していて、勝つための様々な方法を開発している。我々はマンチェスター・C戦で5-2で勝利した。そのときのボール支配率は28パーセントだったが、我々はそれを有効に使った」と話した。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加