PKなしでの得点王まで「1」に迫ったソン・フンミン、途中交代に不満隠さず“問題なし”を強調「怒っているわけじゃない」

PKなしでの得点王まで「1」に迫ったソン・フンミン、途中交代に不満隠さず“問題なし”を強調「怒っているわけじゃない」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/05/14
No image

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがアーセナル戦での途中交代に理解を示した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。

【写真】交代直後のソン・フンミンが見せた露骨な不満

12日、プレミアリーグ第22節延期分のトッテナムvsアーセナルがトッテナム・ホットスパースタジアムで行われた。

来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う両チームの試合は、21分にソン・フンミンがボックス内でファウルを受け、PKを獲得。これをハリー・ケインがゴールを決め、トッテナムが先制する。

さらに33分には、ソン・フンミンの対応に手を焼いていたアーセナルのDFロブ・ホールディングが退場となり、トッテナムは数的優位を得る。

すると37分にはソン・フンミンの右CKからトッテナムが追加点を奪うと、後半開始早々の47分にはソン・フンミン自らゴール。トッテナムが3-0の快勝を収めた。

3戦連発となるゴールなどこの日も絶好調だったソン・フンミンだが、75分には途中交代。ピッチを去る際には、アントニオ・コンテ監督に対しても不満げな表情を隠さなかった。

この日のゴールで得点ランキングトップに立つFWモハメド・サラー(リバプール)と1差の21ゴール目をマークしたソン・フンミン。しかも、その21ゴールをPKではなくすべて流れの中から決めている状況だ。それだけに途中交代への不満も理解できるところだが、試合後には2人で笑顔でハグ。また、インタビューでは指揮官の判断に理解を示した。

「もちろん常にプレーしたいとは思っているけど、監督が決めたことだから仕方がない。監督が決めたことだからそれを受け入れるしかない」

「日曜日に大事な試合があると言っていたから、大したことじゃないよ。怒っているわけじゃなく、交代だからガッカリしているだけだ」

今シーズンも残すところあと2試合。ソン・フンミンがアジア人初のプレミアリーグ得点王に輝くことはあるだろうか。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加