[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:長崎南山MF仙野想士「一つ一つの練習・試合を大事に」

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:長崎南山MF仙野想士「一つ一つの練習・試合を大事に」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/01/14
No image

九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。D2リーグAパート3位・長崎南山高(長崎)からはMF仙野想士(1年=長崎南山中出身)が選出された。

以下、仙野コメント

―リーグを振り返って。

「チームとしては、きつい時間帯にしっかりコミュニケーションをとり、厳しい試合を勝ち切ることができた。個人としては、キャプテンとして声を切らさずにやり続け、背後のカバーを意識して闘うことができた」

―現在の課題と強み。

「強みは全員攻撃、全員守備を1試合通してやり続ける。課題はどのポジションも戦えるだけの選手にならないと勝てないため、個人のレベルアップが必要」

―目標とする選手。

「守田英正選手です」

―今後の目標。

「一つ一つの練習・試合を大事にして最終的に笑って終われるように頑張って行きたい」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、長崎南山高)▼関連リンク

2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加