“景色”を肴に呑む開放感抜群の「見晴らし酒」...新神戸駅徒歩20分の老舗茶屋が酒場マニアを虜にしている

“景色”を肴に呑む開放感抜群の「見晴らし酒」...新神戸駅徒歩20分の老舗茶屋が酒場マニアを虜にしている

  • 文春オンライン
  • 更新日:2020/11/21

見晴らしのいい場所で飲むお酒が好きだ。缶チューハイと発泡酒があればだいたい満足、つまみも簡単なもので十分という自分にとって、お酒を飲む場に求めるものは「味」ではない。いや、もちろん美味しいお酒も料理も大好きだしありがたくいただくのだけど、それよりも、そこにしかない雰囲気だったり、お店の方やお客さんとの気軽なコミュニケーションを楽しみに出かけている。

今はなき川沿いの名酒場「たぬきや」

私は30代半ばになって東京から大阪へ引っ越してきたのだが、東京にいる頃、稲田堤の多摩川沿いにある「たぬきや」という店によく通っていた。川沿いの休憩所といった風情の店で、店の中と外の区別もなく、川べりの風を感じ、夕暮れに向かって変わっていく空の色を眺めながら穏やかに飲めるような空間だった。

No image

今はもうない稲田堤の「たぬきや」。なんとも気持ちのいい時間が流れる店だった

その店に初めて行った時に一緒だったのが酒場ライターとして活躍しているパリッコさんで、二人ともすっかり「たぬきや」の居心地のよさにやられてしまい、「自分たちが求めていた酒場とはこういう場所だったのではないか」と話し合った。

以来、お互いそれぞれに「たぬきや」のような酒場を探しては報告するようになり、それは私が大阪へ引っ越してきてからも続くことになった。「たぬきや」は2018年に惜しまれつつ閉業してしまったが、パリッコさんはそのような店を「天国酒場」と名付けて取材を重ねるようになり、2020年の9月に柏書房から『天国酒場』というタイトルの本を上梓された(どこからページを開いても素晴らしい景観となんとも旨そうな酒や料理が目に飛び込んでくる本なのでぜひ手に取っていただきたい)。

景色がそのまま肴になる酒場を求めて

私は私で関西を中心にあちこちへ足を伸ばしながら、景色がそのまま酒の肴になるような場所を少しずつ知っては喜びをかみしめていた。今回はそんな中からお気に入りの場所を紹介したいと思う。ちなみにこの店も先述のパリッコさんの『天国酒場』で紹介されているので、併せて読んでいただけたらさらに嬉しい。

那智の滝、華厳の滝と並んで「日本三大神滝」の一つにも数えられる「布引の滝」。その滝を眼前にしながらのんびりとお酒を飲めるのが「布引おんたき茶屋」だ。……と、そう書くと険しい山道を登った先にようやく見つかる場所のように思われるかもしれないが、アクセスはかなり便利である。

新神戸駅から徒歩20分でたどり着ける至極の“酒場”

山陽新幹線の停車駅であるJR新神戸駅から徒歩20分ほどでたどり着けるのだ。ということはつまり、東京駅で新幹線に飛び乗って3時間後に「布引おんたき茶屋」で瓶ビールを飲むことも可能だということになる。

新神戸駅には神戸市営地下鉄も乗り入れているのだが、地下鉄の駅の案内板には新幹線と布引の滝が並んで表示されている。

そのままJR新神戸駅の構内を抜けて歩いていく。

駅から外に出ると布引の滝へ向かう方向が大きな文字で示されている。

JR新神戸駅のすぐ裏手には六甲山系の山々が迫っている。しばらく斜面を歩いていく。

5分も歩かないうちに石造の砂子橋(いさごばし)が見えてくる。

橋の上からの眺めはすっかり山あいの風景といった感じで、さっきまで駅の構内を歩いていたとは思えないほどである。

布引の滝は「雄滝(おんたき)」「雌滝(めんたき)」「夫婦滝(めおとだき)」「鼓ヶ滝(つつみがだき)」という4つの滝の総称だ。このうち、一番規模が大きいのが雄滝。急な石段を登って一気に雄滝を目指すルートもあるが、ここは焦らずに雌滝の姿も目に入れておこう。

しばらく歩いた先に雌滝が現れた。水量は少なく控えめな滝ながら、周囲の木々と調和している様がなかなか美しいではないか。

さて、雌滝から雄滝を目指すには、先ほどは選ばなかった急な石段に途中から合流して上っていくことになる。

はあはあと息を切らしながら頑張って歩くとようやく雄滝が見えてきた。

取材時の雄滝にはゴウゴウと音がするほどの迫力はなかったが、ごつごつと荒々しい岩肌の間を滑っていくように滝が流れる様子が綺麗だった。

「あと少しで冷たいビールが飲める!」

ここまで来ればもう一息である。もう少しだけ石段を上って歩けば目的地の布引おんたき茶屋だ。

テーブルとベンチが置かれたスペースが現れ、緑色の地に白い文字で「おんたき」と染め抜かれたのれんが見える。

六甲山系の登山ルートの途上にあるため、登山者向けの売店としても利用されている。

もちろん、ここは腰を落ち着けてゆっくり休んでいける場所でもある。「おでん」「鍋うどん」「焼きそば」「出し巻き玉子」などの軽食類に、「お酒」「焼酎」「ビール」とアルコール類もしっかり用意されている。

まずは大きな鍋の中のおでんと瓶ビールだろう。

おでんの厚揚げと玉子、そして瓶ビールをいただきつつ私が腰をおろしたのは滝を眼前に眺める特等席である。

これまで様々な席に座ってきたが、この絶景カウンター席が一番好きかもしれない。

石段を上ってきたばかりだから冷えたビールが喉を通る爽快感もひとしおである。

見上げれば、色づく葉の向こうにロープウェイが見える。

名物の「湯豆腐」で温まりながらもう一杯

それをうっとり眺めていると、先ほどおでんと一緒に注文してあった「湯豆腐」が運ばれてきた。ここに来たらこれを食べないと気が済まない。

ここの「湯豆腐」はもはや鍋物。豚肉、鶏肉、とろろ昆布に白菜にしめじにちくわにアナゴまで入っている。もちろん豆腐も。

お腹も満たされ、体もしっかりと温まる。これをつまみにいつまでもビールが飲めそうだ。ちなみに布引おんたき茶屋では事前予約制の「ミニ会席」というコース料理も提供されていて、お刺身や天ぷらなどをゆっくりと時間をかけて味わうこともできる。

瓶ビールを追加で一本もらい、さらに締めの一品を注文させていただくことにした。湯豆腐に並ぶこの店の名物、「布引ラーメン」である。

すっかり満足してお会計を済ませ、店主の山口公子さんにご挨拶。

密を避けやすい場所にある酒場

お話を伺うと、新型コロナウイルスの感染が拡大してからも、密を避けやすい場所とあってお店はそれほど大きな影響は受けていないそうだった。

「おでんも湯豆腐もラーメンも美味しかったです」と伝えると、「それは水のおかげなんです」という。六甲の自然の恵みから生まれた美味しい水を使って調理するからいい味になるんだと、あくまで謙虚な山口さんであった。

さらに上って極上の見晴らし酒を!

実はお会計時に缶ビールをもう一缶購入してあった。それを持って私が向かうのは布引おんたき茶屋からさらに少しだけ上ったところにある「みはらし展望台」だ。

この風景を肴にしながら飲むためにも最後の一缶を購入しておくことをおすすめしたい。もちろんゴミは必ずお持ち帰りを。

当然ながら「みはらし展望台」から20分ほど下っていけば、また元のJR新神戸駅にたどり着いてしまう。この景色の切り替わりの早さがいつも不思議で、私はまたその感覚を味わいたくなってしまうのだ。

写真=スズキナオ

INFORMATION

布引おんたき茶屋
住所:兵庫県神戸市中央区葺合町布引遊園地45
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休

(スズキナオ)

スズキナオ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加