東国原英夫氏 “歌舞伎町のハウル”逮捕に「良い活動と思ったんですけど、事実だとすると残念」

東国原英夫氏 “歌舞伎町のハウル”逮捕に「良い活動と思ったんですけど、事実だとすると残念」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/24

元衆院議員でタレントの東国原英夫(64)が23日、TBS系「ゴゴスマ~GO GO!smile~」(月~金曜後1・55)に生出演。警視庁少年育成課が東京都青少年健全育成条例違反の疑いで、東京都新宿区の職業不詳、小川雅朝容疑者(32)を逮捕した事件について語った。

No image

東国原英夫

小川容疑者は東京・歌舞伎町の「トー横」と呼ばれる一角で炊き出しや清掃活動をしているボランティア団体「歌舞伎町卍会」の代表で「ハウル・カラシニコフ」と名乗っていた。逮捕容疑は昨年12月と今年3月、自宅で少女にみだらな行為をした疑い。警視庁が家出中の少女を保護し発覚した。

少女とは団体の活動で知り合ったといい、繰り返し自宅に誘ったとみられ、少年育成課によると「19歳と聞いている。みだらな行為をしたかは話したくない」と容疑を否認している。

東国原氏は「行き場を失った子どもたちが集まってきてコミュニティーを作るということだったんでしょう」と団体が家出する少年少女の受け皿になっていたと推測。そして「来年、こども庁ができて青少年育成をどうやっていくか国をあげた課題になっている。ヤングケアラーの問題や貧困、いじめ、虐待の問題だとか、不登校を入れたら数百万人いるという調査もある」とした。

その上で「そういった中でこどもの育成について、どうやって社会で考えるかという時にこういう方たちがボランティア活動で行き場を失った子どもたちの受け皿になるのは非常に良い活動と思ったんですけど、事実だとすると残念」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加