阪神ドラ6中野 走攻守で輝き 好守&成功率100%で2桁10盗塁目

阪神ドラ6中野 走攻守で輝き 好守&成功率100%で2桁10盗塁目

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

4回、右翼線に安打を放ち三塁へ、ヘッドスライディングする中野

「日本ハム3-10阪神」(9日、札幌ドーム)

北の大地で暴れ回った。阪神ドラフト6位・中野(三菱自動車岡崎)がチームに流れを呼び込むプレーを連発。打って走って守って、輝きを放った。

中野の守備が2桁得点に結びついたと言っても過言ではない。同点の二回2死二塁。清水が放った三遊間を破ろうかという白球を黒のグラブが捕まえた。逆シングルの捕球から素早いジャンピングスロー。一塁は間一髪で間に合わなかったが、抜けていれば勝ち越し点を奪われていただけに、超ビッグプレーとなった。

同点の四回、一挙4得点の流れを作ったのも中野だ。「2番として好機でクリーンアップに回すのが自分の役割」と、先頭で甘く入ったスライダーを右翼線に運ぶ。快足を飛ばし、一気に二塁を蹴ってヘッドスライディングで三塁到達。激しく息を切らしながらも、笑みを浮かべた。

さらに五回1死から中前打で出塁すると、マルテへの4球目。左腕・加藤のモーションを完ぺきに盗み、成功率100%で2桁10盗塁目を決めた。

この日は同1位・佐藤輝(近大)が5月の月間MVP賞を受賞。「何とか自分もそこ(月間MVP)を取れるようにやっていきたい」。同期の怪物に刺激を受けつつも、決して負けてはいない。中野の存在感も日に日に増している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加