知事と市町村長会議 高齢者施設などを対象 換気の徹底を求め、新たな補助制度の内容を発表

知事と市町村長会議 高齢者施設などを対象 換気の徹底を求め、新たな補助制度の内容を発表

  • UTYテレビ山梨
  • 更新日:2022/08/05

山梨県は、高齢者施設などを対象に換気に必要な機器の購入費を補助する制度の内容を発表しました。

【写真を見る】知事と市町村長会議 高齢者施設などを対象 換気の徹底を求め、新たな補助制度の内容を発表

山梨県の長崎幸太郎知事は全ての市町村長に対し積極的な活用を呼びかけました。

長崎幸太郎知事:
それぞれの地域で成果を挙げられるよう、ぜひ各市町村内の施設への周知と活用を促していただくべく、ご協力を是非ともお願いしたい。

県は、感染拡大防止には「エアロゾル感染」への対策が必要とし、換気の徹底を求めていて、8月5日に新たな補助制度の内容を市町村長との会議で説明しました。

対象は高齢者施設や障害者施設、それに保育所などで、空気清浄機や二酸化炭素濃度測定器などの購入費を補助します。

補助額は部屋の広さで分かれ100㎡以上の共有スペースでは最大30万円です。

なお、およそ21億円の補正予算について知事は5日付けで専決処分しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加