映画「ボス(仮題)」、来年クランクイン...チョ・ウジン、チョン・ギョンホらキャスティング公開

映画「ボス(仮題)」、来年クランクイン...チョ・ウジン、チョン・ギョンホらキャスティング公開

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/11/25
No image

映画「ボス」、来年クランクイン…チョ・ウジン、チョン・ギョンホらキャスティング公開(画像提供:wowkorea)

映画「ボス(仮題)」(監督:ラ・ヒチャン)が25日、チョ・ウジン、チョン・ギョンホ、パク・ジファン、イ・キュヒョンをはじめ、オ・ダルス、ファンウ・スルへ、チョン・ユジンなど映画界の人気俳優たちが勢ぞろいしたキャスティングラインナップを公開した。

「ただ悪より救いたまえ」「KCIA 南山の部長たち」「麻薬王」「インサイダーズ/内部者たち」などヒット映画を作った制作会社HIVE MEDIAコープは、この日、コミックアクション映画「ボス(仮題)」のキャスティングを確定し、本格的な撮影準備に入ると明らかにした。

「ボス(仮題)」は、最大組織「シック派」の次期ボス選出を控え、それぞれの夢のため、互いにボスの座を熾烈(しれつ)に譲り合う組職員たちの必死の対決を描いたコミックアクション映画だ。

これに先立ち、青龍映画賞、百想芸術大賞、映評賞(韓国映画評論家協会賞)を席巻し、韓国映画界を代表する主演俳優になったチョ・ウジンは、3代続いてきた中華料理店「ミミル」のために仕方なく組織に入ってナンバー2にまでなったが、今は組織のボスではなく中華料理店のフランチャイズで成功したい「スンテ」役を演じる。「インサイダーズ/内部者たち」「国家が破産する日」「宇宙+人 1部」など毎作品で独特な存在感を発揮してきたチョ・ウジンは、最近Netflixで公開された「ナルコの神」での印象的な演技で、韓国を越えて全世界的から注目を浴びた。彼は今回の作品で悲哀あふれるコミカルキャラクター「スンテ」で物語の中心をつかみ、「ハード・ヒット 発信制限」(2022)で立証した真価を再び発揮する予定だ。

チョン・ギョンホはシック派創立者の一人で、組織のために裏切り者を処理した後、10年間のムショ生活まで終えたもう1人の次期ボス候補「ガンピョ」を演じる。ドラマ「賢い医師生活」でカリスマと優しさが共存する「ジュンワン」を完璧に演じて女心をつかんだチョン・ギョンホは、今回の作品で突拍子もない人間味あふれる魅力を発散し、チョ・ウジンとの愉快なシナジー効果を披露する見通しだ。

3人のボス候補のうち最後の「パンホ」役は、映画「犯罪都市2」「閑山:龍の出現」などヒット作に連続出演して人気俳優の一人になったパク・ジファンがキャスティングされた。彼は誰よりもボスへの熱望と執念が強いが、"単純無知"の壁を越えられない「組織の万年ナンバー3」パンホを演じる。チョ・ウジン、チャン・ギョンホと共にボスの座をめぐって激しい対決を繰り広げる予定だ。

一方、スンテの右腕であり、彼が経営する中華料理店で10年間配達員として働いてきた天然キャラ「テギュ」はイ・ギュヒョンが演じる。ドラマ「刑務所のルールブック」「ハイバイ、ママ」「ボイス4」など信頼できる熱演で映画やミュージカルまで渡り歩き、休む暇のない活躍を続けているイ・ギュヒョンは、この作品で本格的なコミカル演技を繰り広げて爆笑をプレゼントすると期待される。

オ・ダルスは組織のブレインであり実権を握っている「インスル」役を引き受け、彼ならではのカリスマ演技を披露する予定であり、スンテの妻であり「ミミル」の真の代表である「ジヨン」役をファンウ・スルヘが、物語の中でガンピョとラブラインを繰り広げる「ヨンイム」役にはチョン・ユジンがキャスティングされ、豪華な助演陣が顔をそろえる。

このように主演から助演まで完璧なキャスティングラインを公開し、韓国映画を代表する俳優たちの豪華なコミカル演技と、代替不可なケミストリーで、大爆笑をプレゼントする映画「ボス(仮題)」は、「正しく生きよう」(2007)を演出したラ・ヒチャン監督がメガホンを取り、さらに期待を膨らませる。

制作陣は「信じてみるベテラン俳優たちが顔をそろえ、夢のようなラインナップになった。次期ボスの座を巡って繰り広げられるキャラクターたちの話が興味深く、没入感が広がる予定なので期待してほしい」と伝えた。

豪華キャスティングを確定して本格的な撮影準備に突入した映画「ボス(仮題)」は来年上半期にクランクインする予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加