女子バスケワールドカップ 七尾出身の赤穂選手果敢に攻めるもセルビアに惜敗

  • テレビ金沢NEWS
  • 更新日:2022/09/23

22日にオーストラリアで開幕した女子バスケットボールのワールドカップ。グループリーグ2試合目となる23日は、世界ランク10位のセルビアと対戦した。

マリとの初戦を快勝で飾り幸先のいいスタートを切った日本。

世界ランク8位の日本の2戦目は10位のセルビアと対戦。

七尾市出身の赤穂ひまわり選手は初戦に引き続きスタメンに名を連ねた。

序盤から攻めていきたい日本だったが、セルビアに3ポイントシュートを立て続けに決められるなど苦しい展開となり、第1クォーターは9対24と大量リードを許して終了。

巻き返したい日本は第2クォーター開始1分。赤穂が反撃の狼煙を上げるシュートを決める。

その後も赤穂のアシストから得点するなど、日本は流れを取り戻し、一時は1点差まで追い上げる。

迎えた後半、勢いに乗りたい日本だったが、セルビアの固いディフェンスに苦しみ点差を詰めることはできず、最後は69対64で敗れた。

2戦を終えて1勝1敗の日本は25日、世界ランキング4位のカナダと対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加