SEVENTEENが課した“バラエティミッション”。涙と感謝を胸に決意を新たにした15人【『&AUDITION – The Howling -』レポート#4】

SEVENTEENが課した“バラエティミッション”。涙と感謝を胸に決意を新たにした15人【『&AUDITION – The Howling -』レポート#4】

  • QJWeb クイックジャパンウェブ
  • 更新日:2022/08/05
No image

世界で活躍するアーティストを生み出すべく、BTSの生みの親でHYBE議長のパン・シヒョクがスペシャルアドバイザーを務め、HYBE LABELS JAPANが仕かけるオーディション『&AUDITION』。その模様を追いかける番組『&AUDITION – The Howling -』(読み:エンオーディション ザ・ハウリング)の第3話では、2ndラウンドの“コンセプトミッション”に挑むNICHOLASチーム、Kチーム、TAKIチームの様子が配信された。

7月30日に公開された第4話では、3rdラウンド“SEVENTEEN レジェンダリーミッション”に挑戦する3チームに密着。振り付けの創作と向き合い、追加で発表されたミッションに挑み、本音を語る15人の模様が届けられた。

この記事の写真を見る(全8枚)

FUMAがリーダーシップを発揮した「C Riders」チーム

3rdラウンドの“SEVENTEEN レジェンダリーミッション”が発表された翌日から練習はスタート。各チームで集まり、グループ名やリーダーを決め、割り振られた楽曲の振り付けを創作していく。

「CALL CALL CALL!」に挑戦するのは、FUMA・JUNWON・MINHYUNG・NICHOLAS・YEJUN。SEVENTEENのパフォーマンス映像をモニタリングすると、コンセプト決めからクリエイティブが始まった。

NICHOLASが「曲の雰囲気について考えてみた人いる?」と問いかけると、「どこかへ出かけたくなる感じとか?」とJUNWON。つづいてFUMAが「今回のミッションは“創作”だし、僕たちならではの雰囲気やコンセプトを表現したい」と話し、ミッションに対する理解度の高さからリーダーに就任することになった。

チーム名を決める際には、アイデアが浮かばずに頭を抱える場面もあったが、ここでもFUMAが活躍。「ライダースは? 日本に仮面ライダーっているじゃん。パワフルな感じと曲のコンセプトに合わせて」と提案し、チーム名は「C Riders」に決定した。

順調にダンスの制作を進めていくC Riders。リーダーのFUMAは、メンバー一人ひとりに寄り添った丁寧なティーチングを行っていた。

No image

順調に創作ダンスを仕上げていく「C Riders」チーム (c)HYBE LABELS JAPAN

最後のチャンスで逆転を目指す「Full Count」チーム

「HOME;RUN」に挑戦するのは、EJ・GAKU・HARUA・JO・MAKI。ミッション曲をノリノリで鑑賞すると、テーマの落とし込みから創作が始まった。EJは「このメンバーの歳に合った雰囲気を出したいね」と話し、HARUAも「大人でも子供でもない時期にしかできないような(パフォーマンスをしたい)」と提案。その会話をもとに、EJが「一番記憶に残っているのは……修学旅行」と言うと、テーマのイメージが一気に広がっていった。“年齢に合った少年らしさ”をキーワードに、5人は「HOME;RUN」を表現していくことに。

チームをまとめていくリーダーは、振り付けを作った経験があるということでGAKUに決定した。グループ名は“ホームラン”から連想し、EJが野球用語で“逆転できる最後のチャンス”という意味もある「Full Count」を提案。今のチームの境遇と重なるところもあり、ほかのメンバーも拍手でEJの案を受け入れた。

いざダンスの創作が始まると、アイデアが爆発してしょうがない様子のGAKU。そんな彼を見て、HARUAは「やっぱりGAKU君しかいないなと思いました」とコメントした。

No image

GAKUが中心になってダンスを創っていた「Full Count」チーム (c)HYBE LABELS JAPAN

キュートなかけ声も決まった「わんわん」チーム

「Oh My!」に挑戦するのは、HAYATE・HIKARU・K・TAKI・YUMA。完全集中して楽曲を視聴すると、イメージのラフを共有していった。リーダー決めの際にはKの名前が最初に挙がったが、当のKは「やってない人がやってみるのもおもしろいんじゃないかな。みんなが意見できる環境だし、メンバーだと思うから」と、ほかのメンバーがリーダーになることを提案。するとHIKARUがHAYATEを推薦し、Kの「前から引っ張るだけがリーダーじゃない。うしろから支えるリーダーもいる」という言葉もあと押しになり、HAYATEがリーダーに就任した。

そのあとは、HAYATEが率先して振り付けの創作を仕切っていった。YUMAもアイデアを出し、チーム一丸となって順調に進めていた。決めるのがあと回しになっていたチーム名も、リーダーのHAYATEが「長過ぎたら変。『わんわん』とか短くてよくない?」というひと言をもとに、「わんわん」に決定。「GOわん!GOわん!GOわん!」というかけ声もできて、チームの息はぴったりだ。

No image

メンバーにいたずらを仕かけるなど、リーダーとしての余裕も見せていたHAYATE (c)HYBE LABELS JAPAN

ある手紙に涙するメンバーたち

15人のバラエティセンスが試される!?

数日後、中間チェックを終えた15人が集まっていると(中間チェックの模様は次回以降に配信)、目の前のスクリーンに再びSEVENTEENが登場。SEVENTEENの代表曲ミッションに先立ち、バラエティセンスを試す“バラエティミッション”が行われることがメンバーから告げられた。

よく晴れたある日、芝生の広がる広場に集合した15人。ここで彼らは大型ボードゲームである“&MARBLE(エンマーブル)”にチーム対抗で挑むことに。&MARBLEは、ルーレットを回して出た数字の数だけ出発地点からマスを移動し、到着したマスに書かれているミッションに取り組むというもの。「ぎりぎりナット積み」や「スイカの種飛ばし」などのバラエティに富んだミッションをクリアすると旗を獲得することができ、最初に計5つの旗を手に入れたチームが優勝となる。

優勝チームには、素敵なプレゼントがあるとのことで、メンバーはやる気満々。さらには、バラエティセンスの評価後には“&BALL(エンボール)”が支給されることが発表されると、15人の目の色が変わったように見えた。

C Riders、わんわん、Full Countの順でミッションに挑戦。1枚のティッシュを全員で吹いて20秒間宙に浮かせる「ひらひらティッシュ」や、レモンを2分以内に1人ふたつずつ食べて口笛を吹く「レモン食べてひゅーひゅー」など、体を張ったゲームに挑んでいく。最初に旗をゲットしたのは、「みんなでフラフープくぐり」をクリアしたわんわんチーム。YUMAのスマートなリードによりあっという間に成功させると、みんなで喜びを分かち合っていた。

そのあとも、足だけで靴下を脱ぐ「脱ぎ捨て靴下」やメンバーをおんぶして20回腕立て伏せをする「おんぶして腕立て伏せ」など、各チームが大奮闘していた。最終的にはわんわんチームが勝利し、景品をゲットした。

BBQにキャンプファイヤー、ある手紙に涙するメンバーたち

夜には、15人で初となる屋外でのバーベキューパーティーを行った。みんなで準備して、みんなで囲む食卓は楽しく、自然とメンバーから笑顔がこぼれる。食後にはキャンプファイヤーを囲みつつ「なかなかこういう機会はないから、一回みんなで心の内を話してみるのはどう?」とKが切り込み、場の空気を作っていった。

No image
No image

キャンプファイヤーを囲んで、普段言えないメンバーへの感謝の気持ちを伝え合った15人 (c)HYBE LABELS JAPAN

HIKARUが2ndラウンドで同じチームだったメンバーに対して涙ながらに感謝の気持ちを伝えると、そんなHIKARUに対しYUMAは「厳しくしちゃってごめんね」と謝罪。さらに、MAKIとHARUAはお互いの心中を正直に話して誤解を解き、最後には熱い抱擁を交わした。

本音トークを繰り広げ、友情が深まった夜。この日の締め括りとしてメンバーは、“バラエティミッション”の&BALLを確認することに。しかしロッカーに入っていたのは、それぞれの家族からの手紙だった。

No image

&BALLを確認するはずだった15人の前にあったのは、家族からの手紙だった (c)HYBE LABELS JAPAN

何も言葉を発さず、静かに読み入る15人。泣き出してしまうメンバーも続出し、それぞれの手紙を音読する際には涙の嵐に。たくさんの大切な人たちに支えられていることを再確認し、3rdラウンドのパフォーマンスに向けてよりいっそう気を引き締めた。

第5話、いよいよ3rdラウンドのパフォーマンスに挑む

8月6日配信の第5話では、3rdラウンド“SEVENTEEN レジェンダリーミッション”の中間審査と本番に挑む3チームの模様が届けられる予定だ。

&AUDITION – The Howling – #5 Preview

【『&AUDITION – The Howling -』Huluで独占配信中】
日本を皮切りにグローバルを舞台に活躍するアーティストを生み出すプロジェクト「HYBE LABELS JAPANグローバルデビュープロジェクト」のオーディション番組『&AUDITION – The Howling -』は、2022年7月9日(土)からHuluで独占配信中(毎週土曜に新規エピソードを追加配信)。
番組URL:https://www.hulu.jp/andaudition-the-howling

No image

『&AUDITION – The Howling -』Huluで独占配信中 (c)HYBE LABELS JAPAN

【YouTubeチャンネル『HYBE LABELS +』でビハインド映像などを公開中】
YouTubeチャンネル『HYBE LABELS +』では、「Behind Sketch」や「Highlight Clip」など『&AUDITION – The Howling -』の関連動画を随時公開中。
URL:https://www.youtube.com/c/HYBELABELSPLUS

&AUDITION – The Howling – #4 Behind Sketch

坂井彩花

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加