【大阪・万博記念公園】インフィオラータ〝フラワーカーペット完成セレモニー〟に行ってきました!

【大阪・万博記念公園】インフィオラータ〝フラワーカーペット完成セレモニー〟に行ってきました!

  • リビング北摂Web
  • 更新日:2022/11/25

11月25日~27日、万博記念公園・太陽の広場で、生花を使ったインフィオラータ「Osaka Flower Carpet 2022(オオサカ・フラワー・カーペット 2022)」が開催。

25日に行われた〝フラワーカーペット完成セレモニー〟の様子をレポートします。

No image

到着時は大詰めの段階でした。

約100 ㎡もの巨大なフラワーカーペットが出現

インフィオラータとは、イタリアやスペインを中心に世界各地で行われる「聖体祭」が起源の花を使ったアート。フラワーシャワーが花絵に進化し、現在では世界中の花絵師たちが腕を競い合っているそうです。

オオサカ・フラワー・カーペット 2022は、大阪での万博開催の「誇り」と「機運醸成」の向上を目的とし、日本のインフォラータの第一人者・花絵師の藤川靖彦さんがプロデュース!

No image

▲国内外で活躍する花絵師の藤川靖彦さん(中央)。

関西大学・大阪大学の学生80人とともに、6色4万本のカーネーションと16色のカラーサンドを使って、太陽の広場に約100 ㎡もの巨大なフラワーカーペットを作り上げました。

「2025年まで規模を大きくし、観光名所になるよう育てていきたい」と藤川さん。またインフィオラータは市民参加型のアートでもあるので、「機会があればぜひ参加してほしい」とも。夢は広がりますね。

すいたんやミャクミャックも応援

セレモニーには、藤川靖彦さん、後藤圭二吹田市長や大阪観光局理事長溝畑宏さん、大阪観光スペシャルサポーターの塩月希依音さん(NMB48)らのほか、大阪・関西万博公式キャラクターのミャクミャク、すいたんもゲストとして登場。

No image

吹田市のイメージキャラクターの「すいたん」。セレモニーなのでタキシード姿です!

No image

▲2025年開催予定の日本国際博覧会の公式キャラクター「ミャクミャク」。

全員が揃ったところで、花置きセレモニーが行われ、フラワーカーペットがついに完成。

No image

みなさん大切そうに花びらを持って、そっと置いていました。

万博記念公園は27日まで。12月は御堂筋でも

この巨大なフラワーカーペットが太陽の広場で見られるのは、27日(日)まで。わずかな期間ですが、圧倒的な美しさを放つ生きたアート作品が見られるチャンス。太陽の広場は中に入ることができないため、近くでじっくりと見られないのは残念ですが、日本で広がりつつある新たなアートイベントをぜひ体感して。遠方からでも行く価値のあるスケールです。

No image

特別に近くで撮影をさせていただきました。通常は入れないエリアです。

No image

下絵の上に丁寧に花びらが置かれています。

No image

カラーサンドの美しさも目を見張るものが。

12月25日(日)までは、ららぽーとEXPOCITY1階モンベル前でも「Osaka Flower Carpet 2022」を併催、12月19日(月)~23日(金)は御堂筋6会場で「御堂筋インフォラータ2022」を同時開催。どのようなデザインのフラワーカーペットに出合えるか、楽しみに訪れたいですね。

No image

1970年~2025 年の時を巨大な曼荼羅で表現。

「Osaka Flower Carpet 2022(オオサカ・フラワー・カーペット 2022)」

開催場所:万博記念公園・太陽の広場(吹田市千里万博公園)

開催日:11月25日(金)~27日(日)

開催時間:午前9時30分~午後5時

観覧無料

※自然文化園・日本庭園共通入園料が必要(大人260円、小中学生80円)

https://www.infiorata88.com/osaka-infiorata/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加