茶谷健太、守備から掴む一軍レギュラーの座。「深いところからの肩の強さ」は必見【千葉ロッテマリーンズ・若手選手インタビュー連載#24】

茶谷健太、守備から掴む一軍レギュラーの座。「深いところからの肩の強さ」は必見【千葉ロッテマリーンズ・若手選手インタビュー連載#24】

  • ベースボールチャンネル
  • 更新日:2022/05/14
No image

茶谷健太。【提供:千葉ロッテマリーンズ】

茶谷健太選手は、千葉ロッテマリーンズに加入して4年目となる内野手。今季ここまでファームで29試合に出場し、チームトップの打率.283(規定以上・リーグ7位)をマークしている。紆余曲折を経ながら、一つ一つ引き出しを増やし続けるユーティリティに現在地を訊いた。(ロッテの若手選手にインタビューする企画の第24回)※5月10日取材。成績は12日時点

■「まずは守備の確率を上げること」
茶谷は、帝京三高から2015年ドラフト4位で福岡ソフトバンクホークスに投手として入団。キャンプを前に内野手転向を決め、野手としてプロの道を歩み始めた。17年に一軍デビューを果たし安打もマークしたが、18年オフに戦力外通告を受けた。

自由契約を経て、「もう一回やるからには、しっかり環境を変えて一から頑張りたい」という思いを胸に、2019年にロッテへ育成選手として加入。同年オフに支配下に返り咲いた。20年は自己最多の31試合に出場したが、定着には至らず昨季は出番なし。今季もファームで開幕を迎えた。

正念場を迎える内野手は、「走攻守すべてでアピールして一軍で活躍する」と、今季の抱負を語る。

そんな茶谷のセールスポイントは、守備にある。

「(一軍の試合では)守備からいくことが多いと思うので、まずは守備の確率を上げることを一番のテーマに。もちろん打撃もそうなんですけど、まずは守備からと思ってやっています」

■強肩活かすユーティリティ
茶谷は、本職の遊撃以外にも、一塁、二塁、三塁、右翼を守るユーティリティプレーヤーだ。

今季はここまで各ポジションを満遍なく守り、成績は以下の通り。

一塁:6試合、32刺殺、3補殺、3併殺、守備率1.000
二塁:7試合、17刺殺、29補殺、3併殺、守備率1.000
三塁:8試合、4刺殺、11補殺、守備率1.000
遊撃:12試合、17刺殺、24補殺、7併殺、守備率.932
右翼:6試合、8刺殺、守備率1.000

[註]刺殺は守備選手が直接アウトをとること。補殺は間接的にアウトをとること。例えば、遊ゴロを一塁送球してアウトにした場合、遊撃手に補殺が、一塁手に刺殺がつく。

いずれのポジションでも、高い数字を残していることが見て取れる。プロ入り後に“一から”積み上げたフィールディングで、「打球の角度とか見え方も全然違う」という複数のポジションをこなせるのは、高い身体能力の成せる業だろう。自身も身体能力については「活かせているかどうかわからないですけど」と謙遜しながらも自信を覗かせる。

プレーの中で最もファンに見て欲しいところを訊ねると、「深いところからの肩の強さです。見ていただけたらなと思います」と答えてくれた。一軍の舞台でも“元投手”の強肩は見どころとなるはずだ。

■「一軍に呼ばれてすぐ活躍できるように」
『頂点を、つかむ。』をスローガンにペナントを戦う今年のロッテ。茶谷もその言葉に「少しでも力になれるように」といつでも戦えるよう準備を続けている。同学年の97年世代が一軍の舞台で結果を出していることにも刺激を受けているようで、「自分も負けないように」と一軍への思いを強くしている。

今季は打つ方でもファームで主にクリーンアップを任されている。取材した10日には、イースタン・リーグの読売ジャイアンツ戦で、左腕の山本一輝投手から2安打を放った。しかしこの活躍にも「正直調子があまり良くなかったんで、打てて良かった」と表情を緩めない。

「今はまずは本当に二軍で頑張って結果を出して、一軍に呼ばれてすぐ活躍できるようにやっていきたい」

ロッテに移って4年目、本当に結果を出さねばならない立場にいる茶谷。苦しい状況が続くチームに新しい風を吹き込む存在となれるか。

取材・文 森田深志

baseballchannel

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加