悪夢となった1年前の「サイクリング」を振り返るクーマン「今は幸せ」

悪夢となった1年前の「サイクリング」を振り返るクーマン「今は幸せ」

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/05/04
No image

ロナルド・クーマン

ロナルド・クーマンは自身のSNSを通じて、サイクリング中に心臓発作を起こした1年前の悪夢を振り返った。

FCバルセロナの監督は、アムステルダムでのサイクリング中に激しい胸の痛みを感じ、同市内の病院に救急搬送されて緊急のカテーテル手術を受けた。

医師の迅速な対応によって翌日には退院したクーマンは、人生を変えたあの瞬間からちょうど1年が経過したことを振り返り、「このサイクリングは最悪の結果となり、私は心臓の手術を受けた。今、私は健康で幸せ」と記している。

from Instagram

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加