トルコは英語で「ターキー」、現地での呼称は「テュルキエ」、どんな意味?

トルコは英語で「ターキー」、現地での呼称は「テュルキエ」、どんな意味?

  • 文春オンライン
  • 更新日:2020/10/16

地名とは、道路のかたわらに立つ単なる標識ではない。何千年にもわたる人間の歴史が、そこに刻み込まれているのだ。
その一端を、『カラー新版 地名の世界地図』(文春新書)より紹介しよう。

◆◆◆

■問題
トルコは英語で「ターキー」ですが、現地での呼称は「テュルキエ」です。もちろんチュルク系民族に由来するわけですが、さてどんな意味でしょうか? もちろん七面鳥とは関係ありません。

No image

©iStock.com

(1)力強い人
(2)頭の良い人
(3)馬に乗る人
(4)踊る人

正解は「力強い人」でした。「軍団」という意味もあるようです。

“文明の十字路”と呼ばれ、紀元前から栄えていた地域です。古くは鉄の民ヒッタイト、ギリシャ、ローマ、セルジューク・トルコの支配を経て、オスマン帝国の中心地として繁栄しました。

首都のアンカラはヒッタイト語で「宿泊地」、あるいは「谷間の地」という意味だと言われています。ローマ時代はアンゴラと呼ばれていて、そこからアンゴラ山羊の名前になったとか。

ちなみに、なぜ七面鳥を「ターキー」(トルコ)と言うのでしょうか。

もともとはアフリカ原産のホロホロ鳥がトルコ経由で輸入されていたので、イギリスでは「ターキーコック」(トルコ鶏)と呼ばれていました。16世紀になってアメリカから七面鳥が持ち込まれると、ホロホロ鳥にすごく似ていたので、「ターキー」と名付けられたそうです。すると、ホロホロ鳥のほうは「ギニア鳥」と呼ばれるようになりました。

(21世紀研究会/文春新書)

21世紀研究会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加