久保建英スタメン抜てきで森保ジャパンが強敵米国を撃破

久保建英スタメン抜てきで森保ジャパンが強敵米国を撃破

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/09/24

森保ジャパンが23日にドイツ・デュッセルドルフで行われた国際親善試合の米国戦で2―0と快勝し、11月開幕のカタールW杯へ向けて大きな手ごたえをつかんだ。

スタメンにはMF久保建英(レアル・ソシエダード)が抜てきされ、これまで不動のレギュラーだったMF南野拓実(モナコ)が所属クラブでの不振もありついにベンチスタートに。DF長友佑都(FC東京)も先発から外れ、森保一監督が大ナタを振るった。

この起用がズバリ的中する。前半13分に久保の絶妙なパスからMF鎌田大地(Eフランクフルト)が相手GKと1対1になりシュートを放つ決定機をつくると、その後も久保は33分に直接FKでゴールを狙うなど積極的に攻撃をけん引。守備でも前線から激しいプレスを仕掛けるなど貢献してチームにリズムをもたらした。

そうした中で日本は前半25分にMF守田英正(スポルティング)のパスを受けた鎌田がフリーで落ち着いて右足で決めて先制。後半43分には途中出場のMF三笘薫(ブライトン)が追加点を奪い、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング14位と格上の強豪米国を相手に快勝した。

久保のスタメン起用で生まれ変わった森保ジャパン。カタールW杯へ向けて視界良好だ。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加