最年長37歳玉鷲2敗堅守で単独トップ 北勝富士は翔猿との3敗対決制す 高安も3敗死守

最年長37歳玉鷲2敗堅守で単独トップ 北勝富士は翔猿との3敗対決制す 高安も3敗死守

  • 日刊スポーツ(バトル)
  • 更新日:2022/09/23
No image

玉鷲(左)は突き落としで錦富士を破る(撮影・足立雅史)

<大相撲秋場所>◇13日目◇23日◇東京・両国国技館

現役関取最年長37歳、東前頭3枚目の玉鷲が錦富士を突き落とし、2敗と単独トップを守った。

頭でぶつかり合う激しい戦い。前に出られなかった玉鷲だが、頭から押しつぶすように突き落としを決めた。

14日目は4敗に後退した翔猿との対戦が組まれた。玉鷲が勝ち、3敗勢が敗れると19年初場所以来2度目の優勝が決まる。

西前頭8枚目の北勝富士は翔猿との「3敗対決」を立ち合い一瞬の突き落としで制して生き残った。14日目は関脇若隆景との対戦が組まれた。

西前頭4枚目の高安も小結霧馬山を突き落として3敗を死守。14日目は関脇豊昇龍と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加