警察、全斗煥元大統領の出棺警護に最小人員投入...秩序維持中心=韓国

警察、全斗煥元大統領の出棺警護に最小人員投入...秩序維持中心=韓国

  • WoW!Korea
  • 更新日:2021/11/25
No image

警察、全斗煥元大統領の出棺警護に最小人員投入…秩序維持中心=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国警察が来る27日に予定されたチョン・ドゥファン(全斗煥)元大統領の出棺当日、最小人員を投入し警護するとの方針を固めた。

25日、警察庁によると警察は全元大統領の出棺の際の周辺秩序維持と交通管理に重点を置き、エスコートなく最小警力を投入して備える予定だ。また、全元大統領死亡後も夫人のイ・スンジャ(李順子)氏に対する警護人員を既存の5人で維持することにした。

「元大統領礼遇に関する法律」によると、禁固以上の刑が確定した場合は該当権限を剥奪(はくだつ)するが、警護と警備分野は例外だ。このため、先月26日に死去したノ・テウ(盧泰愚)元大統領夫人のキム・オクスク(金玉淑)氏にも同規模の警護が提供されている状態だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加