GR86開発ドライバー佐々木雅弘選手がGR86用パーツをプロデュース

GR86開発ドライバー佐々木雅弘選手がGR86用パーツをプロデュース

  • Car Watch
  • 更新日:2022/01/14

2022年1月14日~16日 開催

No image

GR86 佐々木雅弘選手プロデュースパーツ装着車

1月14日、幕張メッセ(千葉県千葉市)においてカスタムカーショー「東京オートサロン2022」が開幕した。会期は1月16日まで。東ホールにブースを構えるTOYOTA GAZOO Racing(トヨタ自動車)はワールドプレミア2車種を含む多くのモデルを展示している。

ワールドプレミアモデルのすぐ横で輝きを放っているのが、GR86開発ドライバーを務める佐々木雅弘選手がプロデュースしたパーツを装着したモデルだ。装着されているのは開発で得た知見を元に製作された「自分が欲しいこだわりのパーツ」の数々。自ら立ち上げた「GROW Design」ブランドでリリースしている。

展示車両に装着されているのはエアロパーツがフロントディフューザー&ガーニッシュ、フロントカナードフィン、サイドディフューザー、リアディフューザー、トランクスポイラー、フロント&リアオーバーフェンダーの計6アイテム。機能パーツが藤壺技研工業と共同開発したエキゾーストシステム、HALspringsと共同開発したスポーツサスキットの2アイテム。全国のGRガレージやカーショップなどで購入が可能となっている。

No image

フロントディフューザー&ガーニッシュとフロントカナードフィン

No image

フロントオーバーフェンダー。リア用もある

No image

サイドディフューザー

No image

リアディフューザーとエキゾーストシステム

No image

トランクスポイラー

No image

スッキリとまとめつつもノーマルモデルとは明らかに異なる後ろ姿を演出

安田 剛

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加