EXITの“コンビ愛”はいかに...!兼近大樹の酷評にりんたろー。「今から“やさしさ”を0にすることできます?」

EXITの“コンビ愛”はいかに...!兼近大樹の酷評にりんたろー。「今から“やさしさ”を0にすることできます?」

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/09/15
No image

アリススタイル公式アンバサダーに就任したEXIT ※2021年ザテレビジョン撮影

9月15日、東京・ベクトルスタジオにて「アリススタイル新サービス発表・EXIT公式アンバサダー就任イベント」が開催され、アリススタイル公式アンバサダーのEXIT、モノの貸し借りアプリ「アリススタイル」を運営する株式会社ピーステックラボの代表取締役社長・村本理恵子氏が登壇。イベントでは、EXITが出演する新CMの公開、TikTok#チャレンジ企画発表のほか、アリススタイルのユーザ評価制度になぞらえ、りんたろー。と兼近大樹がお互いに採点し合う企画も行われた。

【写真を見る】りんたろー。のつっこみに爆笑する兼近大樹

月間50万人が利用しているモノの貸し借りアプリ「アリススタイル」は、「ちょっと貸してを、もっとみんなで。」をコンセプトに、貸主の「使用頻度の低いものを貸してお金にしたい」、借主の「物を簡単に借りて試したい、ちょっと使ってみたい」というニーズを叶える、個人間の貸し借りサービス。

代表取締役社長の村本氏は、EXITをアンバサダーに起用したことについて、「とてもファッショナブルなお二人なんですけれど、実はとても優しくて真面目で、地球の環境のことを考えてらっしゃるんです。貸し借りって実は、相手への思いやりがすごく大事で、その思いやりを持っていらっしゃる方々なのでお願いをさせていただきました」とコメント。

EXITの二人は「そのお気持ちに全力で答えたいと思います」(りんたろー。)、「ありがとうございます。社長の優しさ、借りパクしちゃいますね(笑)」(兼近大樹)と、喜びを見せた。

EXITの仲に亀裂が…!?

イベントでは10月4日(月)より、アリススタイルのWEBサイト、東京都内のタクシーで順次放映される新CMや、TikTok#チャレンジ企画の発表も。また、アリススタイルのユーザ評価制度になぞらえ、りんたろー。と兼近大樹がお互いに「きれいさ」「やさしさ」「対応の早さ」の3つを採点し合う企画も実施された。

りんたろー。は兼近の「きれいさ」を120点と評価し、「僕は美容に気を遣っているんですけど、(兼近は)何も努力せずに、素材だけでこれだけきれいっていうのは羨ましいですね」と兼近を高く採点。

それに反して、兼近はりんたろー。の「きれいさ」に2点をつけ、「頑張ってはいるんですけれども、だらしない部分が目立つというか…」と厳しく評価。りんたろー。は兼近からの酷評に「今から“やさしさ”を0にすることできます?」と不満を見せ、会場の笑いを誘った。

しかし、兼近はりんたろー。の「対応の早さ」について、「僕、LINEとか早くないんですけど、グループLINEとかでりんたろー。さんの返すスピードが、たまにWi-Fiより速く返ってくる時あるんですよ」と、ボケを交えながらも高く評価。

すると、りんたろー。は「僕と兼近と大黒摩季さんのLINEグループがあるんですけど、(兼近は)ずっと返さないんですよ」と兼近のずぼらさを明かし、“コンビ愛”を再確認する企画のはずが、お互いの知られざるエピソードを次々と告白する形となった。

イベント後の囲み取材では、二人が(同評価で)満点だと思う人物は? という質問が。兼近が「全く会ったことのない人は(満点を)つけられると思うので、全く知らない誰かですね」と答える中、りんたろー。は「無理だよそんなん! 誰か言えるところでですよね…IKKOさんですかね。対応の早さ、毎回手紙を書いてくれる優しさ、そしてきれいで…」とにっこり。

すると、兼近も思い出したかのように「たしかに! IKKOさんでした!」とIKKOを絶賛。自身の回答に便乗する兼近の姿に思わず「お前もかい! 誰か出せや!(笑)」とりんたろー。がつっこみ、最後にはコンビネーションの良さで“コンビ仲”を感じさせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加