コロナ感染の拳王「俺にはプロレスしかない」5・15ノア後楽園大会で復帰

コロナ感染の拳王「俺にはプロレスしかない」5・15ノア後楽園大会で復帰

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/02
No image

プロレスリング・ノア後楽園大会 リング上で5月15日の復帰を発表した拳王(プロレスリング・ノア提供)

<プロレスリング・ノア後楽園大会>◇2日◇後楽園ホール◇無観客

新型コロナウイルスに感染し、4月18日大会から欠場していた拳王(36)が、5月15日後楽園大会で復帰することを明かした。

第5試合終了後、スーツ姿でリングに上がった拳王は「医療従事者、保健所の方には感謝しています。ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げた。4月11日に知人6人で会食。そのうち3人の感染が判明した。「自宅だから大丈夫という気の緩みがあった」。39度の熱が続き、1週間ほど入院。現在練習は再開しているが「生活は普通にできているが、肺炎の方がひどくて少し動くと息が上がる。6、7キロ体重が減ったので、体力をしっかり戻して復帰したい」と明かした。

デビュー13年目で初めての欠場。「出るはずだった大会も観戦という本当に苦しかった経験だったし、考えさせられた」と胸の内を明かした。濃厚接触者と認定された同ユニット金剛の征矢、覇王、タダスケも欠場に追い込まれた。「申し訳ない気持ちでいっぱい」。普段から強気な発言で、相手やファンに訴えかけてきた拳王の謝罪。「俺にはプロレスしかない。進化を遂げてこのリングに帰ってきたい。少しの気の緩みで感染することになると、てめぇらクソ野郎どもにも警鐘を鳴らしていきたい」と拳王節で締めた。金剛全員が復帰する15日、1カ月間の悔しさをリングでぶつける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加