『銀魂 THE SEMI‐FINAL』は“子どものプール”のような存在 杉田智和「準備体操しようね」

『銀魂 THE SEMI‐FINAL』は“子どものプール”のような存在 杉田智和「準備体操しようね」

  • クランクイン!
  • 更新日:2021/01/12
No image

アニメ『銀魂 THE SEMI-FINAL』キャストインタビュー動画 第一弾より<画像を拡大する>

『銀魂』の新作アニメ特別編『銀魂 THE SEMI-FINAL』(dTV/1月15日より独占配信)より、キャストインタビュー動画の第1弾が解禁された。坂田銀時役の杉田智和、志村新八役の阪口大助、神楽役の釘宮理恵が出演。杉田は「dTV版は子どものプールのような存在」と語っている。

【動画】『銀魂 THE SEMI‐FINAL』万事屋篇キャストインタビュー

本作は、全国公開中の映画『銀魂 THE FINAL』のストーリーの前日譚(たん)。1月15日19時より配信される第1話「万事屋篇『後先考えずに風呂敷を広げるものじゃない』」、同20日19時より配信される第2話「真選組篇『直前になって大事なことを決めるものじゃない』」の全2話で構成される。

宇宙中を巻き込んだ史上最悪の決戦から2年。平和を取り戻した江戸を去った銀時だが、素性を隠して舞い戻ってきていた。銀時の行方も知らず1人で万事屋を続ける新八と、年齢を自在に操る秘技を身につけた神楽が再会し…。一方そのころ真選組は?

本作について、杉田は「テレビアニメシリーズの終盤と劇場版をつなぐという意味では必要だなと思いました」、阪口は「dTV版はギャグの要素も劇場版に向けてシリアスになっていきますが、とりあえず鯱(シャチ)がいるので鯱に任せておけば面白くなると思います(笑)」、釘宮は「dTV版のエピソードがないと、準備運動もないまま劇場版のどシリアスな部分に突入してしまうので、dTV版のギャグ要素を見て、‟銀魂の温まり方”を思い出してもらってから是非映画を見てほしいです!」と、それぞれコメント。さらに杉田は「dTV版の存在は‟段階を踏む子どものプール”です。ちゃんとdTV版で準備体操しようね」と語った。

また、「自身のキャラに一言かけるなら?」との質問に、杉田は「逆に言葉はかけないな。向こう(坂田銀時)は俺に語り掛けて欲しくなさそう。ちゃんと向こうがどう思っているか察してないと演じられないのでね」、阪口は「‟お疲れ様”ですね。もう十分にツッコミしまくって、疲れてると思うので、『楽に生きなさい』と」と回答。釘宮が「これからも楽しい一生が続いていきますよね! って思っています」とコメントすると、「夜兎(やと)だからな、寿命も長いだろうし」と杉田が静かにツッコむ場面も見られた。

アニメ『銀魂 THE SEMI‐FINAL』は、dTVにて、第1話「万事屋篇『後先考えずに風呂敷を広げるものじゃない』」が1月15日19時、第2話「真選組篇『直前になって大事なことを決めるものじゃない』」が1月20日19時配信(全2話)。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加