昨年ベスト8から2位に躍進 小林りんご/野村光ペア「二人の個性を生かせた」<卓球・インターハイ>

昨年ベスト8から2位に躍進 小林りんご/野村光ペア「二人の個性を生かせた」<卓球・インターハイ>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2022/08/06
No image

<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日~8月3日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

6日、第91回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)は大会8日目を迎え、女子ダブルス決勝で小林りんご/野村光(桜丘)ペアが準優勝を飾った。

3年生同士の小林/野村ペアは、ベスト8だった昨年のインターハイから大きく順位を上げる結果となった。試合後、小林/野村ペアが報道陣の質問に答えた。

小林りんご/野村光コメント

2位という結果に関して

野村:メダルを取ることを目標にやってきたので、銀メダルを取れて嬉しいです。

小林:優勝はしたかったですけど、目標としているところまではしっかり来れたので、よかったと思います。

決勝での作戦は何か考えていたか

野村:思い切って攻め切るっていうところですね。

今日のダブルスのよかったところは?

小林:無理しすぎずに自分たちの得意な展開を作ることができたので、そこがよかったと思います。

野村:二人の個性が活かせた試合だったなと思います。楽しかったです(笑)

ダブルスパートナーとしてお互いをどう思うか?

小林:(野村さんは)しっかり決めてくれるので、自分としてはやっていて楽しいです。

野村:少し浮いても必ず返してくれるので、信頼しています。なので、自分はその次のボールをどうやって返すかを考えていました。

学校対抗に向けて

野村:今日はダブルス負けてしまったんですけど、明日またもう一回できるので、今日の反省を生かして頑張りたいと思います。

小林:今日は銀メダルだったので、団体は優勝できるように頑張りたいと思います。

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加