大谷が今季初のマルチ安打「2番DH」スタメン復帰

大谷が今季初のマルチ安打「2番DH」スタメン復帰

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

1回に投手内野安打を記録したエンゼルス大谷(ロイター)

<エンゼルス2-4アストロズ>◇6日(日本時間7日)◇エンゼルスタジアム

エンゼルス大谷翔平投手(26)が、今季初のマルチ安打をマークした。

「2番DH」で出場した1回1死、ア軍先発のグリンキーと対戦。外角低めのチェンジアップに芯を外され、一塁線へのボテボテのゴロとなったが、快足を飛ばして内野安打とした。その後、3番トラウトの打席で二盗に成功した。

第2打席は右翼へのライナーで凡退し、第3打席は投ゴロに倒れた。

8回の第4打席で2番手の右腕プレスリーの内角カーブを左前に運び、この日2本目の安打を放った。

今季初登板となった4日のホワイトソックス戦の翌日、5日の試合はスタメンから外れ、8回に代打で出場。死球を選んで出塁し、好走塁でチームの勝利に貢献した。6日のこの日はスタメンに復帰した。

4打数2安打1盗塁で今季の打率を2割5分としたが、チームは9回に守護神イグレシアスが2失点し、そのまま敗れた。連勝は3で止まった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加